今すぐオンラインでアメリカ合衆国のESTAを入手しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: ESTA

このアメリカ合衆国の電子渡航認証システム(ESTA)は、航空便または船便で同国に渡航するビザ免除国の国民のために2009年に開始されました。この書類は出発前にオンラインで取得しなければなりません。当社のオンライン申請を記入する事で、アメリカ合衆国のESTAの資格をチェックできます。

iVisaはアメリカ合衆国のESTAが必要な渡航者のために簡単なオンライン申請プロセスを提供しています。渡航者はオンライン申請フォームを記入するだけでESTAがイーメールで送信されます。渡航者には、この書類を印刷して物理的なコピーを携帯する事をお勧めしています。空港のチェックインスタッフも彼らのシステムでESTAを確認する事ができます。しかしながら、お手持ちの電子機器や、できれば印刷した状態でESTAのコピーを携帯する事が強く推奨されます。手続きは非常にシンプルです。

申請に必要な書類
  • 生体情報が含まれたデジタルチップを持つ有効な電子パスポート
  • 支払いのためのクレジットデビットカード、またはPaypalアカウント。
重要な指示
  • ビザ免除プログラムの下に航空便または船便でアメリカ合衆国に入国するつもりの場合には、ESTAを申請する必要があります。しかしながら、陸路で入国する場合にはESTAは必要ではありません。
  • ESTAは最大で2年間、または渡航者のパスポートの有効期限、そのどちらか短いほうまで有効です。
  • 複数回の入国、またはアメリカ合衆国を経由した複数回の乗り継ぎで有効です。
  • 渡航者のパスポートは予定の入国日有効から少なくとも6カ月間有効でなければなりません。
  • パスポートが2005年の10月26日以降に発行されている場合には、デジタルで申請された写真がなければなりません。
  • アメリカ合衆国内にいる間にESTAが失効した場合でも、出国には影響しません。
  • 現在の渡航認証にいては、旅程にあらゆる変更を加えることができます。ESTAは有効な渡航認証を更新できるようにデザインされています。渡航認証を最初に申請する際には、航空便やホテルを予約する必要はありません。
  • 渡航者は、新たにパスポートを取得したり、氏名や、性別、国籍に変更があったりした場合には、新たなESTA認証を取得する必要があります。

注意:ESTA認証を受けることは、アメリカ合衆国に2年間滞在できるという事を意味しません。これは単にビザ免除プログラム(VWP)の条件の下にアメリカ合衆国へ渡航できるという事です。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

この電子渡航認証システム(ESTA)は、ビザ免除プログラム(VWP)の下にアメリカ合衆国へ渡航する資格の有無の判断と、そういった渡航がもたらす法的処置またはセキュリティーリスクの有無を判断する事を助ける自動的なシステムです。ESTAの申請を完了すると、渡航者はVWPの下にアメリカ合衆国へ渡航する資格があるかどうかが通知されます。
申請のためには以下のものが必要です:
  1. パスポートは生体情報が含まれたデジタルチップを持つものでなければなりません。
  2. 渡航者のパスポートは予定の入国日有効から少なくとも6カ月間有効でなければなりません。
  3. また、パスポートの所有者はパスポート番号と個人識別番号(PIN)を提供しなければなりません。
このESTA費用は14米ドルです。それ加えて標準的な処理には15米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには45米ドルがかかり、さらに早くするには65米ドルかかります。
選択した処理方法に依ります。次の3つの選択肢があります:
  1. 標準的処理時間:1営業日
  2. 迅速処理:3時間
  3. 超迅速処理:30分
このアメリカ合衆国のESTAは発行後2年間有効です。これは発行後2年間の以内にアメリカ合衆国に入国しなければならない事を意味しています。このビザは数次ビザで、1回の入国あたり最大で90日間滞在する事ができます。
このアメリカ合衆国のESTAの認証は、2年間もしくは申請者のパスポートが失効するまでの、どちらか早いほうまで有効です。ESTAには該当する有効期限が記載されています。
以下の条件のいずれかに該当する場合には、大使館でアメリカ合衆国のビザを取得しなければなりません: (1) 航空便でアメリカ合衆国に到着する場合。 (2) 90日間以上アメリカ合衆国に滞在する場合。 (3) 短期の観光やビジネス以外の目的でアメリカ合衆国に渡航する場合。
いいえ。ESTAが承認されても、それはビザ免除プログラムの下にアメリカ合衆国への渡航の資格がある事が示されるだけで、アメリカ合衆国への入国が保証されるわけではありません。アメリカ合衆国への到着に際して、入国管理官が審査をし、このビザ免除プログラムおよび/または他のあらゆるアメリカ合衆国の法律の下に入国が可能かどうかが判断されます。
以下の国々の国民/市民がビザ免除プログラムの下にESTAを申請する事ができます: アンドラ オーストラリア オーストリア ベルギー ブルネイ チリ チェコ共和国 デンマーク エストニア フィンランド フランス ドイツ ギリシャ ハンガリー アイスランド アイルランド イタリア 日本 ラトビア リヒテンシュタイン リトアニア ルクセンブルグ モナコ オランダ ニュージーランド ノルウェー ポルトガル マルタ共和国 サンマリノ シンガポール スロバキア スロヴェニア 韓国 スペイン スウェーデン スイス 台湾 イギリス
有効なビザを所持している人物は、そのビザが発行された目的のためにそのビザを用いてアメリカ合衆国に渡航する事ができます。有効なビザを用いて渡航する人物はESTAを申請する必要はありません。
いいえ。アメリカ合衆国内にいる間にESTAが失効した場合でも、出国には影響しません。しかしながら、出国後、再入国をするためにはESTAを更新する必要があります。
1回の入国あたりの滞在日数は最大で90日間です。ESTAの有効期間は発行後2年間(もしくはパスポートの有効期限のどちらか早いほう)で、その期間内に複数回入国する事ができます。しかしながら、1回の入国あたりの滞在は90日間までです。
いいえ、申請の前に確認済みの旅程(航空便など)は必要ではありません。
ESTAの申請が拒否された場合には、B-2観光ビザなどのアメリカ合衆国の観光ビザを申請する必要があります。
少なくとも到着の3日前には申請をしなければなりません。しかしながら、ESTAの有効期間は2年間なので、できるだけ早く申請する事をお勧めします。
ビザ免除プログラム(VWP)とは、DHS(アメリカ合衆国国土安全保障省)によって管理されている指定された国々の資格を持つ市民または国民がビザを取得する事なく観光またはビジネスの目的で(最大90日間の滞在のために)アメリカ合衆国に渡航する事を可能にするプログラムです。
はい、同行するかにどうか関わらず(年齢に関わらず)、アメリカ合衆国へ渡航する前にESTAが必要です。親のパスポートに記載された子供にはESTAの資格はありません。子供がESTAの資格を得るには自分の(失効していない)パスポートを所持していなければなりません。

イラン、イラク、スーダン、またはシリアの国民でもあるVWP国の国民にはESTAの資格はありません。

加えて、イラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、およびイエメンに2011年3月1日以降に渡航または滞在しているVWP国の国民にはESTAの資格はありません。

世界中のすべての国でアメリカンドリームの事を耳したことがあるでしょう?アメリカ合衆国はチャンスの国で、犬もしっぽにベーグルを巻き付けて歩いています。これは全てが正しいわけではありませんが、アメリカ合衆国を訪れる機会を逃してはなりません。この国には世界中の他の国と同じように良い面も悪い面もありますが、憶えておくべき主な事は、アメリカ合衆国への旅行が人生を変える体験になりうるという事です。以下では、アメリカ合衆国へ出発する前に知っておくべき事を学ぶことができます。第1に、アメリカ合衆国がどれだけ広大かを理解する事は簡単ではありません。実例を出すなら、ニューヨークからロサンゼルスまでの距離はニューヨークからロンドンまでと同じくらいです。これで実感できましたか?アメリカ合衆国はこの大陸の西から東までを占めているので、それくらい大きくても納得ですよね?この事はあなたに影響する事はないかもしれませんが、1回の旅行でこの国の多くの州を回ることはできないという事を認識しておくべきでしょう。訪れたいと思う場所の旅程を作成しておいて、そこから選択するようにしましょう。あなたに著しい影響を与える事は、人の数です。たくさんの人がいて、一般的に都市部では人々がひしめいています。加えて、1つの国の中に混乱するほど数多くの文化がありますが、あなたはきっとこの事を気に入るはずです。あらゆる人種や、宗教、そして考え付くあらゆる多様性を発見することができます。アメリカ合衆国が様々な文化の坩堝だという事ができますが、これは美点の1つでしかありません。言わずもがなですが、出会うすべての文化に敬意を払う必要があります。さもなければ、あなたの旅は思ったほど楽しい物にはならないでしょう。世界のほとんどの国ではメートル法が使用されていますが、アメリカ合衆国では依然としてヤード・ポンド法が使用されています。多くの人々がヤード・ポンド法からメートル法に移行することを望んでいるので、「依然として」という言葉を使いました。ほとんどの人々にとってメートル法のほうが理にかなっています。加えて、アメリカの人々はすべての測定単位に複数の名称を持っていて、これはメートル法に慣れている外国人にとっては非常に混乱します。1ガロンの牛乳と、数オンスの牛乳のどっちが欲しいと言われても分かりづらいですよね?アメリカの人々にはわかります。あなたと困惑させるもう1つの事は、ショッピングです。たくさんの品揃えから選ぶのが大変だという事ではなく、陳列されているときの価格と、会計のときの総額が異なるからです。なぜでしょう?これは値札には税金がまったく含まれていないためです。会計係が清算時に税金を追加します。ですから食料雑貨店に行くときは、必要だと思うよりも多めにお金を持って行くようにしましょう。チップは理屈の上では善意で行われるものですが、ほとんど必須です。これはウェイターが最低賃金で働いていて、彼らは良い生活のためにチップに依存しているからです。正直これは少々遅れているように感じますが、それがアメリカ合衆国における習慣です。まるでそれでも十分でないかのようにチップは非常に寛大です。チップは支払額の15%から20%である必要があります。チップに関する最低の部分は、チップが少なすぎて嫌がらせを受けたと言う観光客もいるという事です。これは一般的なルールではありませんが、ケチをして嫌な思いをしたのなら、それはそういう事です。アメリカ合衆国の大都市を訪れれば少々圧倒されるかもしれません。例えば、ニューヨークは巨大な都市で、インターネットのおかげで迷子になる事はありませんが、この都市は少々大きすぎます。とりわけ大都市に慣れていなければそう感じるでしょう。いかなる時でも多くの人々がそこら中にいます。ニューヨークは理由もなく眠らない街と呼ばれているわけではありません。あなたがアメリカ合衆国について好きになるだろう事の1つとしては、ほぼどこででも24時間週7日開いている場所を見つけられる事です。朝の5時にタイ料理を食べたいですか?問題ありません。その時間なら10以上の店が開いているはずです。いつでも何でも手に入れる事ができ、その事は外国人が一般的に気に入る側面の1つです。アメリカ合衆国で観光客が高く評価するもう1つの側面は、食べ物です。ご想像の通り、世界で最高のレストランはアメリカ合衆国にあります。ニューヨークとサンフランシスコにはミシュランの星を持つレストランが数多くあります。誰もがこの星には何がしかの意味があると分かっています。もちろんそういったレストランで食事をする事は高くつきますが、もしできるなら絶対に試してみるべきです。そういった店の有名なシェフの料理の味は素晴らしい物です。食べ物に関して言えば、アメリカの人々は牛肉をたくさん食べます。鶏肉や豚肉も食べますが、牛肉が主に消費される肉です。これがモンタナ州には人口の3倍の牛がいる理由です。いずれにせよ、珍しい牛肉が使われた様々な料理を見つける事ができるので、少なくとも1回は試してみるべきです。最後に、アメリカ合衆国の人々が一般的に親切で、観光客を歓迎している事を知っておくべきです。彼らのサヨナラの言い方や、サヨナラも言わずに電話を切るという事は冷たく感じられるかもしれませんが、彼らは社交的でフレンドリーです。彼らは常に新しい人々に興味を持っていて、あなたをくつろがせてくれるはずです。結論としては、アメリカ合衆国ではあなたが望むのものは大抵何でも見つける事ができるという事です。また、アメリカ合衆国には世界でもっとも美しい国立公園があるので、自然を探索する事もしておくべきです。都市部だけにとどまらないようにしましょう。それ以外では、この国では楽しい体験ができ、1回の旅行で回り切れなかった場所を訪れるために戻ってきたくなる事でしょう。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

以下のリンクから詳細をご確認ください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf