今すぐ中国のグループ電子ビザを入手しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: グループ電子ビザ

2016年以来、 特定の国の国民がオンラインで直接中国のビザに申請できるようになっています。iVisaは従来の10年中国ビザとは異なる中国の新しいグループ電子ビザの取り扱いを承認されている数少ない企業の1つです。このグループ電子ビザは一緒に中国へ渡航する2人以上の渡航者に対してのみ発行されます。このビザで入国できるのは1回までで、到着後の有効期間は15日間です。この中国のグループ電子ビザは、個人のパスポートの場合に貼付されるビザとは異なり、別個の書類で発行されます。 オンラインでフォームをご記入いただければ、後の手続きは当社が行います。必要なのはパスポートのデジタルコピーのみですので、いかなる大使館にもパスポートを送付する必要はありません。中国政府からビザが発効されたら、当社がFedexを介してご出発の15日前までにご自宅へ実際のビザを送付いたします。渡航者は中国に入国するために、当社がFedexで送付した文書とパスポートを携帯しなければなりません。このビザは中華人民共和国公安部によって承認されています。
申請に必要な書類
  • 少なくとも2人以上が一緒に渡航する必要があります。
  • 各渡航者のパスポートのデジタルコピーが必要です。パスポートの有効期限が少なくとも6カ月残っている必要がある事にご注意ください。
  • 最近撮影したカラーのパスポートの写真
  • 帰国のための航空券
  • 中国のホテルの予約に関する書類のコピー/中国の身元引受人の招待状。
  • オンラインでビザの費用を支払うためのクレジット/デビットカード、もしくはPaypalのアカウント。
  • 有効な住所。
重要な指示
  • この中国のグループ電子ビザは到着後15日間有効です。
  • この中国のグループ電子ビザは1回入国ビザです。
  • 申請者はこのビザを申請する際は中国国外にいなければなりません。
  • 中国を出国するための有効な航空券を持っていればなりません。
  • 中国に到着した日付から少なくとも6ヶ月間以上有効な渡航書類/パスポートを持っていればなりません。
  • *中国のグループビザはもっとも早くて約5日で処理が完了します。
  • グループ内のすべての渡航者は、出入国の際の空港や、時刻、航空機、および中国滞在中の旅程が同一でなければなりません。
  • このグループは最低で2人以上でなければなりません。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

この中国のグループ電子ビザは、中国へ共に出入国する最低2名以上からなる渡航者グループに発効される観光ビザです。この中国のグループ電子ビザは、中国の観光ビザのようにパスポートに貼付されることなく、独立した書類として発行されます。
申請のためには以下のものが必要です:
  • 少なくとも2人以上が一緒に渡航する必要があります。
  • 各渡航者のパスポートのデジタルコピーが必要です。パスポートの有効期限が少なくとも6カ月残っている必要がある事にご注意ください。
  • 最近撮影したカラーのパスポートの写真
  • 帰国のための航空券
  • 中国のホテルの予約に関する書類のコピー/中国の身元引受人の招待状。
  • オンラインでビザの費用を支払うためのクレジット/デビットカード、もしくはPaypalのアカウント。
  • 有効な住所
中国のグループ電子ビザの費用は130米ドルです。それ加えて標準的な処理には49ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには84米ドルがかかり、さらに早くするには114米ドルかかります。
選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります:
  1. 標準的処理:10営業日
  2. 迅速処理:7営業日
  3. 超迅速処理:5営業日
この中国のグループ電子ビザは到着後15日間有効です。このビザは1回入国ビザで、最大で15日間滞在する事ができます。
このグループ電子ビザで入国できるのは1回だけです。
いいえ、中国のグループ電子ビザは観光目的のみです。

承認され次第、Fedexで実際のビザを送付いたします。控えとして、イーメールでPDFのコピーを提供いたします。

入国の際に原本のコピーを提示しなければならない事にご注意ください。

電子ビザとパスポートのデータの不一致によって登録が無効なり、中国への渡航と入国が拒否される原因になります。パスポートに記載されているのと完全に同一の情報を入力して再申請する必要があります。
いいえ、必要ありません。中国のグループ電子ビザは独立した書類として発行されるので、必要なのはパスポートのスキャンだけです。
遅延の可能性を避けるために、ツアーグループの全員で一緒に1回で申請する事をお勧めします。
いいえ、グループ内のすべての渡航者は到着から出国までの旅程の全体を通じて常に行動を共にしなければなりません。

ビザが中国政府によって承認されなかった場合でも、それは必ずしも中国に入国できないわけではなく、オンライン申請の資格がないだけである可能性があります。もしそうである場合には、最寄りの中国大使館で申請する必要があります。

注意:ビザ申請が拒否された場合、返金がなされない事にご注意ください。当社の返金ポリシーの全文はこちらでご覧いただけます。

当社は、ビザ申請が拒否された事が今後のビザ申請に影響を及ぼす可能性がある事を理解しております。こういった理由から、依然として返金をお求めの場合には、お気軽に当社までご連絡ください。合理的な状況下で共に解決策を見つける事ができるはずです。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

以下のリンクから詳細をご確認ください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

中国への旅行には、ビザの取得と荷物の準備に加えてこの国の習慣について徹底的に下調べをする事が含まれます。良くご存じのように中国は信じられないほど伝統的な国なので、その結果として人々は多くの伝統と習慣を持っています。中国の人々は非合理的ではありません。彼らがするすべての事と、しないすべての事に慣れる必要はありません。しかしながら、理解して、それに従って振舞うべきいくつかの事柄があります。以下が中国で決して行ってはならない事柄のリストです。 不快な事柄についてはなしてはいけません-中国の人々は一般的に前向きで、他人と怒らせたり不快にさせたりするような話題を持ち出す事はしないので、あなたも同じようにするべきでしょう。例えば、いかなる会話においても死に関する話題を持ち出す事は適切ではありません。もちろんいくつかの例外はありますが、「あの人の死に方は?」のような質問は論外です。中国の文化では常に死について話す事は良くない事だという価値観があり、彼らは死を予見する兆しすら持っている事から、ほとんどの場合に死が不適切な話題だと考えられています。 誰かの家や寺院一般に対する敬意を欠いてはなりません-ここでもまた、これは彼らの文化と関連しており、中国では家に入るときに靴を脱ぐのを映画で見ているはずです。これは正式な習慣なので、中国で誰かの家に招かれた際には、常に靴を脱いで入らなければなりません。靴下に小さな穴が開いていても心配はいりません。靴を脱がずに家に入る事でどれだけホストの気分を害してしまうかに比べれば、靴下の穴などどうという事はありません。 贈り物には気を付けましょう-中国で誰かの家に招かれた際には贈り物を持参するのが習慣です。しかしながら、贈り物には非常に気を付けなければなりません。花束がシンプルでいいと思うでしょう?中国ではそうではありません。すべての花にはある種の込められた意味があるので、もしその事について知らないなら花は送るべきではありません。また、帽子や、傘、または4つ組のものを送ってはいけません。しかしながら、ティーカップなどを8つ組で送る事はできます。8という数字は縁起が良いと考えられています。 贈り物を手渡す事を諦めてはいけません-中国では実際に受け取る前にいったん断るのが伝統です。ですからいったん断られても、気分を害して贈る事をやめてはいけません。受け取ってもらうまでに3回断られる事もあります。あなたも同じようできます。実際、同じようにする事をお勧めします。心配はいりません。ホストは最終的に受け取ってくれます。ただ何度か繰り返せば良いだけです。中国の人々は、あなたが手間をかけてその贈り物を買ってきてくれたので、あなたに謙虚さを見せるためにそうするのです。どれだけ奇妙に感じられても、これは敬意の証です。 箸に注意しましょう-西側諸国の文化にいるときは箸を使って何をしても問題はありません。箸を持ちながらジェスチャーをしたり、置きたいところに置いたり、髪に刺す女性すらいます。こういった事は中国では許されません。箸の取り扱いには気を付ける必要があります。箸は食事のためにだけに使用されます。加えて、食器に置く際にも気を付ける必要があります。常に食器の上に置かなければなりません。ご飯に刺してはいけません。同時に、いかなる場合でも箸を立ててはいけません。これは中国の葬儀で行われる事です。中国人がホストのときにチップをあげてはなりません-レストランでの夕食に招待され、それが中国人によってなされている場合は、あなたが勘定の一部を支払おうとしてはいけません。ホストの気分を害する事になってしまいます。しかしながら、あなたが二次会を提案したのなら、支払うべきはあなたという事になります。一連の食事会の間は、注文する事はホストの役割なので、あなたは注文するべきではありません。また、ウェイターにチップを渡すべきでもありません。中国ではチップを渡す習慣はありません。 中国人に触れてはなりません-中国の人々が家族以外の人から触れられることを好まない理由は不明ですが、身体的な接触を彼らは望みません。例えば、挨拶では握手までしかしません。中国のいくつかの地域では頭部がもっとも神聖な部分で、足がもっとも不浄な部分だと考えられているので、決して頭部に触れてはなりません。また、中国では地下鉄などの込み合った場所ですら、パーソナルスペースの感覚を持っている事に気づくでしょう。 中国の人々は誰もが体面を気にします-何かに腹が立ったら文句を言いたくなるでしょうが、公の場でそうするべきではありません。もし誰かがあなたの気分を害したら、その人を脇に連れて行ってから、あなたの不満を伝えましょう。そういった事を他人がいる場所で行ってしまうと、その人物は侮辱されたと感じていまいます。あなた自身が腹を立てることなく、このルールに従う事が大切です。いずれにせよ、それほど大変なことではないでしょう?中国の人々は間違いなく他にもルールを持っています。西側諸国の人々にとって合理的に思われるものも、奇異に思われるものもあるでしょう。しかしながら、中国に行く際には彼らのルールに従う必要があるでしょう。結局、あなたはこの国の訪問者であり、彼らがするようにあなたもするべきなのです。しかしながら、特定の状況での振舞い方を知らなければ、行動して間違いを犯すよりも、恥を忍んで尋ねるほうが良いでしょう。誰もあなたが中国のエチケットのエキスパートだとは思っていません。外国人なら誰もがミスを犯しますが、謝罪をすればすぐに許してくれます。