今すぐ中国の10年ビザを入手しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: Paper Visa

中国は2014年に10年ビザ(観光書類)の発行を始めました。現在iVisaはアメリカ合衆国に居住する市民に対してしかサービスを提供していません。アメリカ合衆国のパスポートの所有者またはアメリカ合衆国の居住者は現在、観光とビジネス目的で10年ビザを取得する事ができます。このビザがあればこの10年間の間に何度でも中国に出入国できます。1回の滞在における最大滞在日数は60日間である事にご注意ください。

他のビザサービスとは異なり、当社は申請プロセス全体をできる限り合理化しています。渡航者はオンライン申請フォームを記入しなければなりません。記入が完了したら、当社の経験豊かなスタッフが申請内容をチェックし、Fedexの配送ラベルと共に申請書をPDF形式で送信致します。申請者はこのPDFの申請書を印刷および署名して、 Fedexの集荷を予約しなければなりません。申請者は当社のオフィスにパスポートと、署名済みのPDF申請書、そして(必要な場合)付属書類を送付すれば良いだけです。当社のサービスには、適切な中国の大使館/領事館への申請と、Fedexでのパスポート(10年ビザが貼付された)の返送が含まれています。このビザの申請には10営業日がかかる事をご理解ください。

申請に必要な書類

すべての申請者が必要な書類:

  • 運転免許証
  • 滞在ホテル証明書。友人または親類の家に滞在する場合には、彼らのIDのコピーと、彼らが滞在をサポートする意志を表明した招待状が必要です。
  • パスポートのデジタル写真。
  • パスポートのスキャン。申請者のパスポートは、中国への入国時点から少なくとも6カ月間有効で、2ページ以上の空白のページがなければなりません。有効期限が12カ月未満の場合には、中国領事館は6カ月ビザしか発行しません。
  • 渡航証明。
  • アメリカ合衆国の配送先住所が必要です。

渡航の目的がビジネスの場合には、以下の追加の書類が必要です:

  • 2通のカバーレター(添え状)。1通目は訪問する企業の署名の入った招待状と、その中国のID(表裏両面)のコピーで、2通目はアメリカ合衆国の所属企業からのカバーレターです。
  • 身元引受人のID。

未成年者のための追加書類:

  • 未成年者の出生証明書
  • 母親の写真の入ったID
  • 父親の写真の入ったID
重要な指示
  • iVisaを通じて中国の10年ビザに申請するには、アメリカ合衆国の市民または居住者でなければなりません。

  • 10年間の数次ビザで滞在できる期間(1回の入国で中国国内に滞在できる日数)は60日間です。

  • もしパスポートの有効期限が切れてから10年未満の場合は、ビザの貼付された期限の切れたパスポートと新しいパスポートを一緒に提示してください。新旧のパスポートの情報がすべて同一である限り、同じビザを使用できます。もし情報に変化がある場合には(結婚による姓の変化など)、新しいビザを申請する必要があります

  • 中国の10年ビザで就労する事はできません。

  • 中国大使館/領事館がパスポートにビザを貼付をする必要があるので、当社のオフィスにパスポートを送付しなければなりません。

  • Fedexの費用には、パスポートを当社の事務所へ送付する費用と、ご自宅へパスポートとビザを返送する費用の2回分の配送費用が含まれる事にご注意ください。当社はFedexの配送ラベルを提供します。

*中国ビザはもっとも早くて約10日で処理が完了します。

  • アメリカ合衆国の配送先住所が必要です。

  • 中国は、アメリカ合衆国市民に対しては、申請者のパスポートの有効期限が1年以上残っている限り、基本的に最大で10年間有効な数次ビザを発行しています。いくつかのケースおよび/または申請者のパスポートの有効期限が1年未満の場合には、ビザの入国回数が制限され(1回または2回)、期間も短縮される(3カ月、6カ月、または1年間)可能性があります。すべてのビザと同様に、実際のビザは大使館/領事館の裁量に基づいて発行されます。

  • ビジネス目的での申請には2通のカバーレター(添え状)をアップロードする必要があります。1通目は訪問する企業の署名の入った招待状と、その中国のID(表裏両面)のコピーで、2通目はアメリカ合衆国の所属企業からのカバーレターです。

  • ホテルに滞在する場合には、ホテルの予約に関する書類もご提示ください。友人や親類の家に滞在する場合には、身元引受人のIDが入った招待状をご提示ください。

  • 旅行書類入手のために宿泊の証明が必要です。この書類に記載されている日付は、申込書で選択された旅行日付と一致している必要があります。これは政府により旅行書類を発行するための必要事項となります。

  • 中国滞在中にビザを変更したい場合(例えば、観光ビザから就労/学生ビザへの変更など)、出国する事無く変更できますが、現在のビザの期限が切れるよりもかなり前に変更する必要があります。この申請は公安省出入境管理局またはPSBに申請する必要があります。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

中国の観光ビザ(L観光ビザとして分類)は、パスポートのビザページに貼付される従来の紙面のビザで、これによって渡航者は中国に観光目的で入国する事ができます。
申請のためには以下のものが必要です:
  • 運転免許証
  • ホテル予約の証明書。友人または親類の家に滞在する場合には、彼らのIDのコピーと、彼らが滞在をサポートする意志を表明した招待状が必要です。
  • パスポートのデジタル写真。
  • パスポートのスキャン。申請者のパスポートは、中国への入国時点から少なくとも6カ月間有効で、2ページ以上の空白のページがなければなりません。有効期限が12カ月未満の場合には、中国領事館は6カ月ビザしか発行しません。
  • 渡航証明
  • アメリカ合衆国の配送先住所が必要です。 未成年者のための追加書類:
  • 未成年者の出生証明書
  • (両)親の写真の入ったID
中国の観光ビザの費用は140米ドルです。それ加えて標準的な処理には89ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには119米ドルがかかり、さらに早くするには149米ドルかかります。
選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります:
  • 標準的処理:14営業日
  • 迅速処理:12営業日
  • 超迅速処理:10営業日
中国の観光ビザは発効後10年間有効です。このビザは数次ビザで、1回の入国あたり最大で60日間滞在する事ができます。
10年ビザの発行のためには、パスポートは少なくとも12カ月有効でなければなりません。有効期限が12カ月未満の場合には、中国領事館は6カ月ビザしか発行しません。
いいえ、この中国のビザは観光目的のみです。
中国の観光ビザでなら10年間の有効期限の間なら何度でも入国できます。
ビザが承認された際に紙面のビザを貼付するために実際のパスポートが必要になります。
乗り継ぎに要する時間が24時間以下なら、次の目的地までの確認された航空券を持っていればビザは必要ありません。入管に行ってパスポートと次の目的地までの航空券を提示すれば、無料で乗り継ぎのための特別許可スタンプを押してくれます。 もし乗り継ぎに要する時間が24時間以上の場合には、到着時に72時間のビザなし乗り継ぎ許可を申請できます。この許可は以下の条件が満たされていればアメリカ合衆国を含む51か国の市民が利用することができます:
  • 有効なパスポートの所持
  • 次の行き先国の入国要件を満たしている事
  • 到着後72時間以内に出国する事が確認されている航空券を所持している事
  • 以下の空港のいずれかの空港に到着している事:北京(PEK)、成都(CTU)、重慶(CKG)、大連(DLC)、広州(CAN)。桂林(KWL)、杭州(HGH)、上海虹橋(SHA)、上海浦東(PVG)、瀋陽(SHE)、厦門(XMN)、武漢(WUH)、および西安(XIY) この72時間の間に乗り継ぎ都市を離れることはできませんが、広州では広東省、杭州では浙江省を訪れる事ができるという例外があります。
1回の入国あたりの滞在日数は最大で60日です。
アメリカ合衆国のパスポート所有者は香港やマカオを訪れるためにはビザは必要ありません。
はい、申請する資格があります。規定の必要書類に加えてグリーンカードもしくは有効なアメリカ合衆国のビザのコピーが必要です。グリーンカードもしくはビザは少なくとも6ヶ月間有効である必要があります。
いいえ、問題になりません。本籍地によって管轄区が決まり、それによって申請書が提出される大使館が決まります。従って、当社は申請書が適切に処理され、パスポートが正しい住所に返送される事を保証するために、申請書を常に二重に確認しています。
必ずしも必要ではありません。この場合には、新しいパスポートと共に失効したパスポートと有効なビザを携帯しなければなりません。しかしながら、重要な個人情報(氏名、性別、生年月日、国籍など)は新旧のパスポートで同一でなければなりません。何らかの理由(結婚による姓の変化など)によって個人情報に変更がある場合には、新しいビザを取得する必要があります。
このプロセスは以下の通りです
  1. オンラインの申請フォームを記入し、必要書類をアップロードします。
  2. ご提供いたします配送先住所のラベルを印刷し、パスポートと共に送付してください。
  3. 当社が申請書をチェックし、承認のために適切な管轄区の中国大使館へ提出いたします。
  4. 承認されたら、この観光ビザを貼付してパスポートを返送いたします。
この招待状には以下の情報が含まれていなければなりません:
  • 宛先が「中国の領事館」でなければなりません。
  • 申請者のフルネームと、性別、生年月日、そしてパスポートの詳細が含まれている必要があります。
  • 日付や、目的、および宿泊場所などの中国訪問に関する詳細情報。
  • 引受先や招待組織の名前や、住所、電話番号、そして申請者との関係性に関する情報。
  • 引受先の中国でのIDのコピー。もしホストが中国市民でない場合には、彼らの中国での居住許可証とパスポートのコピーが必要です。
いいえ、それらは最初の申請の際にのみ必要です。いったん承認され発行されれば、前述の情報を提示する事無く中国に入国できます。
はい、いくつかの追加情報が必要になります。具体的には以下の情報です:
  • 中国語で書かれた中国での氏名。
  • 氏名変更の証明書(該当する場合)
  • 以前の中国ビザ(該当する場合)
中国を訪問する前には、彼らの文化があなたのものとは異なっている事から、徹底的な下調べをしなければなりません。訪問を望む多くの国にこの原則は当てはまりますが、中国の伝統と日々の習慣は非常に異なっており、あなたが日常的に行っている1つの事をする事が失礼な事や、不快な事としてみなされるかもしれない事が、当社が事前の下調べをお勧めしている理由です。思いつく最初の例としては、箸についての事です。中国に行けば頻繁に箸を使う事になるでしょうが、お椀に盛られたご飯に箸を突き立てると、それは失礼な事だと思われます。突き立てられた箸は、中国の人々が天国の死者のために墓の前でそのようにする事から、葬儀を関連づけられています。そしてそういった事が起こる状況が他にもたくさんあります。 もし褒められたり贈り物を貰ったりした場合は、礼儀としては少なくとも数回はそれを断らなければなりません。いくつかの理由から中国の人々は謙虚さを尊びます。また、贈り物を断る事は、その贈り主がそれを買うために手間をかけた事に対する感謝を示すためのものです。けれども心配はいりません。受け取り側は、贈る側が繰り返せば最終的に受け取ります。 西側諸国からの訪問者に共通する1つの懸念は、中国の人々が犬を食べる事です。犬の肉が提供されている事からこの情報を否定はしませんが、思っているほど頻繁ではありません。実際、この習慣は過去数年間で減少してきており、この食習慣に同意する人もどんどん減少しています。ほとんどの中国人がペットとして猫や犬を飼っている事から、犬の肉を食べる事を禁止する法律も議論されています。これがデリケートな話題である事は分かっていますが、一般的な誤解は払拭しなければなりません。 もう1つの一般的な誤解は、北京の空気が呼吸できるものではないという事です。ガスなどで空が完全に覆われているような報道写真をよく目にすると思います。そして太陽すら見えないくらい状況は悪いとされています。しかしながら、実際はメディアで言われているほど悪くはありません。実際は北京の大気汚染は副流煙と同等レベルです。これはタバコの約6分の1に当たります。これは健康には良くないですが、一部の人々が大衆に信じさせようとしているほど悪くはありません。北京の空気にさらされる事は1日1箱のタバコを吸うのと同等だというのを耳にした事があると思います。これはこれ以上ないほど間違っています。 中国で直面するだろう問題の1つは一部のウェブサイトへのアクセスです。例えば、アメリカ合衆国から普段アクセスしているすべてのサイトにアクセスできるわけではありません。しかしながら、方法がないわけではありません。VPNまたはバーチャル・プライベート・ネットワークをインストールする事ができます。基本的にVPNは所在地のIPを変更し、アメリカからのものに変更する事ができます。そうする事で、お望みのどのウェブサイトへもアクセスする事ができるようになります。もしその方法が分からない場合には現地の人々に尋ねることができます。彼らはこうった状況に精通しています。 あなたを驚かせる可能性がある1つの可笑しな事実は、中国のトイレです。すべてというわけではありませんが、ときどきしゃがみこまなければならないトイレに遭遇するかもしれません。このトイレに遭遇すると観光客はほぼ常に当惑しますが、考えてみればこれは通常よりも衛生的ではあります。1点としては、多くの人々が腰かけた座面に触れる必要がありません。しかしながら、トイレットペーパーがないことが多いので、自分で持って行くことを忘れないようにしましょう。 中国に行ったら、その旅を北京と上海だけで終わらせてはいけません。実際、中国は遥かに多くの美しい場所があり、旅行中に都市部にとどまっているのはもったいない事です。スパイスで有名な中国南部を訪れる事もできます。この土地の香りは決して忘れられないものです。加えて、自然の美しさには息をのむものがあります。新疆のカラクリ湖などの場所は畏敬の念を抱かせるような場所で、中国の自然の脅威のいくつかを訪れればもう離れたくなくなるでしょう。 中国の食べ物は、あなたが慣れている中国料理とはまったく異なっています。もちろん、中国では単に食べ物として知られていますが、西側諸国では決して食べられないような物です。原料が異なっており、スパイスが極めて魅力的です。中国の食べ物を1度味わったら、中国料理に対する考え方が完全に変わってしまうでしょう。ですから、自国の中国料理への食欲を台無しにしたくないと思っているなら、中国で出会うことができるすべてのおいしさに溺れない事をお勧めします。美味しいものなしでは生きてはいけないので、これは不可能かもしれませんが、あなたは答えを見つけるでしょう。 言語に関して言えば、中国では英語が通じない時代がありました。これはもはや真実ではありません。ますます多くの人々が英語を学んでおり、観光産業がその事に関係しているかもしれません。英語が国際的に使用されている言語である事から、中国の若い世代が英語を知っている可能性は高いです。だとしても中国に行く前にいくつかの中国語を学んでおいて損はないでしょう。実際もっとも一般的な言語は北京語です。 中国では他にも奇妙な事にいくつか出会うでしょう。公共の場でゲップをしたり、凝視したりする事は無作法や不適切とはみなされません。ジャッキーチェンの映画のように喧嘩をする人々を目にする事はありませんし、万里の長城からあなたを見ることができる人は誰もいません。ほとんどの人が知らない中国についての事がたくさんあり、多くの誤解もあります。これこそが、出発前にできる限り行先にについて下調べをする事をお勧めしている理由です。そうすれば失礼や無礼に思われる事もありません。また、中国人は親切で礼儀正しい人々がだという事を憶えておくべきでしょう。彼らは最高の敬意とおもてなしの精神であなたを迎えてくれる良い人たちです。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。 以下のリンクから詳細をご確認ください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf