今すぐオンラインでカナダのETAを申請しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: ETA

カナダ政府は電子渡航認証(ETA)として知られる新たな入国要件を2016年3月に導入しました。現在この新たなETAは航空機でカナダに渡航するビザ免除国のすべての市民の要件となっています。

ETAは電子的に渡航者のパスポートと結び付けられています。これは最大で5年間もしくは渡航者のパスポートの有効期限、そのどちらか短いほうまで有効です。有効なETAがあれば、短期滞在(現在は最大で6ヶ月間)のために何度でもカナダに渡航できます。入力した情報はカナダ移民省に電子的に送付され、当社が最短15分でイーメールを介してカナダのETAをオンラインで送信致します

申請に必要な書類
  • 有効なパスポート
  • クレジットカードまたはデビットカード
  • イーメールアドレス
重要な指示
  • このETAは電子的にパスポートに結び付けられているので、申請の際に使用したパスポートを携帯する必要があります。
  • 新しいパスポートを取得した場合には、新しいETAを取得する必要があります。
  • 有効なETAがあれば、短期滞在(現在は最大で6ヶ月間)のために何度でもカナダに渡航できます。
  • これは最大で5年間もしくは渡航者のパスポートの有効期限、そのどちらか短いほうまで有効です。
  • カナダに到着した日付から少なくとも6ヶ月間以上有効な渡航書類/パスポートを持っていればなりません。
  • 到着の際には、入国管理官がパスポートとアメリカ合衆国のグリーンカードなどの他の書類の提示を求めます。
  • 18歳以下の子供は適切な書類を携帯して渡航しなければならず、成人と同様の入国要件を満たさなければなりません。未成年者のための要件の詳細については当社までご連絡ください。
  • カナダへの航空券を予約する前にETAを取得する事が最善です。
  • ETAが承認されたら、ETAの確認イーメールに記載されたパスポート番号と実際のパスポート番号が一致する事をお確かめください。もし一致しなかった場合には、新しいETAを申請する必要があります。
  • カナダのETAはもっとも早くて約15時間で処理が完了します。
  • 航空会社のスタッフが有効なETAの所持を確認するためにパスポートをスキャンします。もし有効なETAを所持していなければ、航空機に搭乗する事はできません。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

ETAとは、航空機でカナダに到着するビザ免除国の国民のための新たな入国要件です。2016年3月15日以来、カナダに航空機で渡航する、またはカナダで乗り継ぎをするビザ免除国の国民にはETAが必要になりました。その例外には、アメリカ合衆国市民と、カナダ大使館から発行された有効なビザを所持する渡航者が含まれます。
ETA申請を提出するために必要な書類はありません。必要なものは、有効なパスポートと、イーメールアドレス、そして支払いのためのクレジット/デビットカード、またはPaypalアカウントだけです。
カナダのETAの費用は5.50米ドルです。それ加えて標準的な処理には14米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには44米ドルがかかり、さらに早くするには64米ドルかかります。
選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります:
  1. 標準的処理:24時間。
  2. 迅速処理:2時間。
  3. 超迅速処理:0.5時間。
このカナダのETAは発行後5年間有効です。これは発行後5年間の以内にカナダに入国しなければならない事を意味しています。加えて、このビザは数次ビザで、1回の入国あたり最大で180日間滞在する事ができます。
パスポートはカナダへの到着予定日から少なくとも6ヶ月間以上有効でなければなりません。
以下の国の市民と国民にETAを申請する資格があります: アンドラ、アンティグアバーブーダ、オーストラリア、オーストリア、バハマ、バルバドス、ベルギー、ブルネイ、イギリス市民、イギリス海外領土のイギリス市民、韓国、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、アイスランド、ソロモン諸島、イタリア、日本、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、メキシコ、キプロス、モナコ、ノルウェー、ニュージーランド、オランダ、パプア・ニューギニア、ポーランド、ポルトガル、チェコ共和国、アメリカ合衆国、サモア、サンマリノ、シンガポール、スウェーデン、スイス。
はい。年齢に関係なくすべての渡航者にカナダへの渡航の際にETAが必要です。 子供が親のパスポートに含まれている場合でも、別個の申請がなされなければなりません。
いいえ、この電子ビザは電子的にパスポートと結び付けられているので、その必要はありません。しかしながら、万一のために印刷したものを携帯する事をお勧めします。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

詳細については以下のリンクをクリックしてください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

カナダ人が人々が言うように良い人達かどうか知りたいなら、実際に行ってみてその事実を確かめてみなければなりません。カナダは非常に大きな国ですが、人口はたったの3,600万人です。だとしても、カナダへの旅はその大自然だけをとってみても十分価値のあるものです。永遠に記憶に残るような街々を含めて多くの場所を訪問する事ができます。いずれにせよ準備を整える上で知っておくべき事がいくつかあります。まず初めに確認しておくべき事の1つは必要書類についてです。恐らくカナダに入国するには何がしかの渡航書類が必要になるでしょう。ビザが免除されている国もいくつかありますが、その場合ですら入国するにはETAとしても知られる電子渡航認証が必要とされます。唯一の例外はアメリカ合衆国国民です。そのカテゴリーに属していない限り、領事ビザを取得するために最寄りのカナダ大使館に赴く必要があります。要件を満たす事は容易ですが、遅延やその他もろもろの事を避けるために事前にこの手続きを済ませておくことをお勧めします。カナダへの旅行を考える前に、各観光地の間の距離が非常に大きい事を認識しておくべきでしょう。カナダの領土は非常に広大です。要点は、1回の旅行では見たいものすべてを見る事はできないと理解する事です。時間が必要な事を理解しましょう。とりわけ訪れたい場所がカナダ全域に点在している場合はそうです。だとしても移動手段は複数あるので、景色を楽しみたいなら電車が1番良い選択肢かもしれません。カナダについてどれだけ調べるにせよ、気候について以上にためになる事はありません。もちろんあなたの出身国とその気候に依りますが、カナダは信じられないほど寒くなる事があります。カナダを訪問するために選択した季節に依りますが、たとえ夏の間でも気温は草原や山では劇的に低下する事があります。ここで憶えておくべきなのは重ね着できるものを持って行くという事です。とにかくたくさん持って行きましょう。加えて、厚手のウールの帽子と、手袋、そして暖かいスカーフも必要です。手足は非常に冷える事になるので、何も落っことしたくはないですよね?もしたくさん重ね着したくないなら、断熱された衣類を考慮に入れるべきでしょう。これは更に高額ですが、その価値はあります。旅の間中暖かく快適でいられるでしょう。カナダで考慮すべきもう1つの事はカウチサーフィンです。これまで耳にした事がありましたか?カナダの人々は実際に世界中で思われているようにフレンドリーです。これこそカナダを訪問した際に誰かの予備の寝室やソファーに無料で宿泊できる理由です。ホテルですらカナダでは非常に高額なので、宿泊施設にあまりお金をかけたくないなら、カウチサーフィンが最善の選択でしょう。その手配ができるいくつかのウェブサイトがあります。カウチサーフィンの1つの大きな利点は、無料で宿泊できるだけでなく、ホストがその街で訪問すべき1番の場所について知っているという事です。暖かいベッドと、おいしい食事、そして価値ある旅の秘訣を得られるでしょう。これ以上のものはないでしょう。もう1つのカナダについての「噂」は、そこら中にドーナツ店のティムホートンズがあるという事です。これは噂ではなく事実です。どこへ行ってもティムホートンズを目にする事でしょう。この店はカナダで象徴的なコーヒーとドーナツのチェーン店です。これは親切な人々やメープルシロップと同じくらい一般的です。誰もがカナダは医療天国だという事を耳にしたことがあるはずです。保険がすべてをカバーするので、治療のために財布からお金を出す必要はめったにありません。これは真実ですが、この事は外国人には当てはまりません。これこそカナダへの訪問を計画していて、現在加入している保険が国際的な医療サービスをカバーしていないなら、旅行保険に加入しておく事をお勧めしている理由です。同時に、加入している保険がカナダ滞在中にしたいと思っている事をすべてカバーしている事を確かめておきましょう。一般的な保健の規約ではラフティングやスキーはカバーされないので、そういいた活動を計画しているなら、起こりうる事故をカバーする保険に入っておきましょう。さもなければ医療サービスに多大な出費をする事になるかもしれません。カナダで最高の体験をするには都市部だけにとどまらない事です。先にも述べたように、カナダは非常に大きな国ですが3,600万人しか人がいません。これはヨーロッパ全体とほぼ同じ大きさです。これはカナダには多くの自然が残されているという事です。しかし一体どんな自然でしょう?山々や、大草原、そして数々の湖は驚くほど見事で、どんな活動にでも夢中になれる事でしょう。ラフティングや、スキー、トレッキング、カヌー、キャンプ、釣りなど思いつくものなら何でもする事ができます。もしあなたが写真家ならカナダの大自然はパラダイスです。その景色は息を吞むほど美しく、目にしたものを決して忘れる事はないでしょう。ほとんどの場所は手つかずの自然で、そのもっとも純粋な姿を楽しむ事ができます。ただ山火事だけには注意して、ヘラジカに遭遇した時は怒らせないようにしましょう。縄張りを侵されて怒ったヘラジカにかなう者は誰もいません。つまりカナダにはあなたが望むものがほぼすべてあるという事です。何にでも謝ってくれる愛すべき人々と、おいしいメープルシロップ、そしてもちろんティムホートンズがあります。けれどもそれがすべてではありません。カナダには夢中になれる場所で満ち溢れています。忘れられない思い出を作る事ができ、あらゆるエキサイティングで楽しい活動を体験でき、もし運が良ければ無料で宿泊する事もできるでしょう。カナダは夢の観光地です。カナダに行ったことがある人ならだれでも同意してくれるはずです。この国で最高のときを過ごしてはいかがですか?