ベラルーシのビザについて

 
   
 
 
 
     
 

詳細: 短期ビザ

更なる情報が近日公開!
申請に必要な書類
重要な指示

ベラルーシへのご旅行をお考えでしょうか?ベラルーシは日本人にとっては正直馴染みの深い国とは言えないでしょう。ただ実際に訪れてみると素朴な風景や心優しい人に囲まれ、きっとあなたもこの国の虜になるはずです。ベラルーシ旅行を考え始めたら、まずはビザの要件をチェック。そこで今回はビザについての要件をメインとしてベラルーシ旅行前に知っておきたい情報を簡潔にご紹介したいと思います。

ベラルーシ旅行にビザは必要なし

ベラルーシのビザについては最近動きがありましたので、最新の動向を常に理解する姿勢が重要です。そもそもベラルーシには2017年からビザなしで5日間まで滞在することができました。実際、勢いよく動き回り各所をみることも不可能ではありませんが、どうしても5日ではベラルーシの魅力を知るのは困難です。そんな中、2018年にビザなしでの滞在が30日まで可能になりました。尚、この際にはロシア以外の国から飛行機に乗りベラルーシに入国する必要があります。さらに海外からの旅行者向けに保険への加入が義務付けられることになりました。空港には保険加入のための窓口があるのでその場で保険に加入することができます。このように、ベラルーシのビザ事情は頻繁に調整されていることから、常に最新の情報を獲得するようご注意ください。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

ベラルーシへのお出かけを計画中ですか?ベラルーシには見逃せない魅力的なスポットがたくさんあります。本記事では、ベラルーシ観光に関するビザの基礎知識やおすすめ観光スポットをご紹介します。

ベラルーシ観光にビザは必要?

ベラルーシでの滞在が30日以下であれば、日本のパスポートを持っている方はビザは必要ありません。出入国の際はミンスク国立空港内の税関でチェックを受け、そのまま出入国することができます。

30日以下の入国は「ビザなしの30日間システム」と呼ばれており、パスポート、海外旅行保険書、入国カード、1日あたりBYN49(日本円にしておよそ2600円)が必要です。ただ、ベラルーシに入国する際にロシアから入国する場合はビザが必要ですので注意しましょう。

ベラルーシはどのような国ですか?

ベラルーシは東ヨーロッパに位置する共和制国家です。首都はミンスクで、公用語はベラルーシ語とロシア語。およそ940万人の人が暮らしています。

ベラルーシ観光で見逃せないスポットは?

ベラルーシは、ロシア、ウクライナ、ポーランド、リトアニア、ラトビアの5カ国と国境を接する東ヨーロッパの内陸国。ヨーロッパの美しい街並みを見ることができるだけではなく、氷河期に形成されたという広い平地も特徴です。

ベラルーシでぜひ観光したいのは、首都ミンクスにあるトラエツカヤ旧市街地。トラエツカヤ旧市街地は戦前の古いベラルーシの街並みを再現したノスタルジックな旧市街です。昼間の様子も美しいですが、旧市街が暖かなライトに照らされた夜も非常に美しいです。

ベラルーシ観光の注意点は?

ベラルーシは全体的に治安が安定しており、重犯罪が起きる可能性は少ないと言えます。一方でベラルーシ南東部には、隣国ウクライナで起こったチェルノブイリ原子力発電所事故による放射能汚染の影響が残っており、立ち入ることができない地域がありますので注意が必要です。

ベラルーシ観光にお出かけの際は、外務省が運営する「外務省 海外安全ホームページ」を確認すると、ベラルーシの最新治安情報を見ることができます。渡航の前には必ず確認するようにしてください。

ベラルーシ観光を楽しもう!ビザはiVISAにお任せ!

今回はベラルーシ観光についてご紹介しました。ベラルーシは30日以下の滞在であればビザは必要ありません。

iVISAではオンラインビザの取得代行サービスを行なっています。ベラルーシ以外の国に渡航する際は、リーズナブルな価格でビザ取得サービスを行なっていますので、時間を節約し手間を省きたい方はぜひiVISAにお問い合わせください。