今すぐアルゼンチンの電子渡航認証(ETA/AVE)をオンラインでゲットしましょう!

 
   
 
 
 
     
 

詳細: eTA / AVE

アルゼンチン入国管理局は最近、71ヶ国の市民が従来のビザの代わりに電子渡航認証(ETA[スペイン語ではAVE])を取得できるシステムを導入しました。

この新たなシステムによって申請のプロセスが遥かに簡単になっています。このETA(AVE)の申請プロセスは非常にシンプルで100%オンラインです。いったん申請が提出され受理されれば、申請者にはETA(AVE)と支払い確認情報が送付され、これを印刷し、到着時に入国管理官に提示する必要があります。そうです、それくらいシンプルなのです。

このETA(AVE)システムは世界中のどこからでもビザに申請できるオンラインの手法です。このシステムの渡航者にとっての利点は、いつでもどこからでもインターネットを通じて素早く申請ができる事と、支払いを申請時にオンラインでできる事です。


申請者は以下のアメリカ合衆国のビザの内の1つを所持していなければなりません: B2, J, B1, O, P(P1-P2-P3), E, H-1B。

申請に必要な書類
  • アメリカ合衆国のビザ

  • すべてのパスポートページスキャン

重要な指示
  • アルゼンチンの電子渡航認証(ETA/AVE)を使えば、連続した3ヵ月の間に同国に複数回入国する事ができ、この期間は更に3ケ月分更新できる可能性があります。

  • このETA(AVE)の発行目的は観光のみです。

  • 以下の書類の内の少なくとも1つを保持している人物だけがアルゼンチンのETA(AVE)の資格を有します:B2, J, B1, O, P(P1-P2-P3), E, H-1B。このビザはアルゼンチンから発行されてから90日間少なくとも有効でなければなりません。

  • アルゼンチンに到着した際には、パスポートと共に、ETA(AVE)と支払いの確認を提示する必要があり、これらは印刷されていなければなりません。

  • 渡航者のパスポートには到着した時点から少なくとも6ケ月間の有効期限と、スタンプを押すための1ページ以上の空白のページがなければなりません。

  • アルゼンチンのETA(AVE)を所持していても自動的に入国が許可されるわけではありません。当該人物が入国のための要件を満たす事ができなかったり、同人物の存在がアルゼンチンの国益や安全保障に反する場合、通関手続地の入国管理官が入国を拒否する可能性があります。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

アルゼンチンの電子渡航認証(ETAもしくはAVE、スペイン語のAutorización de Viaje Electrónicaの略称)は、アルゼンチンに入国する際にビザを提示する必要がある国々の市民のためのものです。そして、従来の紙面のビザをは違って処理をオンラインで行う事ができます。また、ETAの取得を望む市民は以下のアメリカ合衆国のビザの内の1つを所持していなければなりません: B2, J, B1, O, P(P1-P2-P3), E, H-1B.

申請の際は以下のものが必要になります:

  • アメリカ合衆国のビザ

  • すべてのパスポートページスキャン

アルゼンチンのETAの費用は以下の通りです:JPY 23,942.00

加えて、ビザの処理にかかるサービス手数料も請求いたしますが、その金額はお選びになる処理時間によって異なります:

  • 標準処理:JPY 4,190.00

  • 迅速処理:JPY 7,782.00

  • 超迅速処理:JPY 11,972.00

選択した処理時間に応じて異なります。当社では以下の3つのオプションを提供しています:

  • 標準処理:16 日

  • 迅速処理:13 日

  • 超迅速処理:10 日

アルゼンチンのETA(AVE)は発行後の連続した3ヵ月有効です。また、アルゼンチン政府は同じような期間を1回だけ延長する事を許可していますが、アルゼンチン入国管理局の審査が必要になります。
渡航書類はETAが失効してから少なくとも6ケ月間有効でなければなりません。また、パスポートにはスタンプを押すための空白のページが1ページ以上なければなりません。

アルゼンチン到着時にビザの提示が必要な全ての市民は、以下のアメリカ合衆国のビザの内の1つを所持していれば、ETAの資格があります:B2, J, B1, O, P(P1-P2-P3), E, H-1B。こちらにETAの資格を持つ 71ヶ国: アルバニア、アンゴラ、アンティグア・バーブーダ、バハマ、バーレーン、ベリーズ、ベニン、ボスニアヘルツェゴビナ、ボツワナ、ブルキナファソ、ブルンジ、ブータン、カーボベルデ、カンボジア、カメルーン、コートジボワール、キューバ、ドミニカ、エルトリア、エスワティニ、エチオピア、ギニアビサウ、インド、インドネシア、マーシャル諸島、ソロモン諸島、ケニア、キリバス、ラオス、レソト、マダガスカル、マラウィ、モルジブ、モルドバ、モザンビーク、ミャンマー、ナミビア、ナウル、ネパール、ニジェール、オマーン、パラオ、パプアニューギニア、中央アフリカ共和国、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国、ドミニカ共和国、中国、ルワンダ、サモア、サントメプリンシペ、セネガル、セイシェル、シエラレオネ、タンザニア、トーゴ、トンガ、ツバル、ウガンダ、バヌアツ、ベトナム、ジブチ、ザンビア、ジンバブエ が記載されています。

コソボ、サハラ・アラブ民主共和国、および台湾の市民は、トロントにあるアルゼンチン総領事館を通じて従来の紙面のビザを取得しなければなりません。

アルゼンチンのETAを使えば90 日 (発行後) の有効期間の間に複数回入国する事ができます。
アルゼンチンへの渡航の少なくとも10 日 前には申請する事をお勧めしています。
いいえ。アルゼンチンのETAでは同国への入国は保証されません。到着時のチェックの終了した際に訪問者を入国させるかどうかは同国の入国管理官の裁量次第です。
アルゼンチンに到着した際には、パスポートと共に、ETA(AVE)支払いの確認を提示する必要があり、これらは印刷されていなければなりません。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

詳細については以下のリンクをクリックしてください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

アルゼンチンは世界で8番目に大きな国で、南北アメリカでは4番目に大きく、南アメリカでは最大の国です。南アメリカ大陸の南西部に位置するこの国は、チリと、ボリビア、パラグアイ、ブラジル、そしてウルグアイと国境を接しています。また、アルゼンチンはスペイン語が話されている世界でも最大の国です。アルゼンチンは非常に大きな国なので、首都のブエノスアイレスでタンゴを学んだり、ティエラ・デル・フエゴ諸島でペンギンと戯れたりして、素晴らしい体験をする事ができます。

パタゴニアまで行けば、想像を超えるような氷河と山岳地帯があなたを待っています。また、アルゼンチンには太平洋に面した険しい海岸線や、美しい砂浜、シャチやアザラシなどの野生動物、そしてアンデスの壮大な山々といったエキサイティングな場所が数多くあります。海岸線からアンデス山脈のスキーリゾートまでを含めた旅行の計画を簡単に立てる事ができるでしょう。

また、アルゼンチンには「南アメリカのパリ」とも呼ばれる首都のブエノスアイレスから、美しいワインの生産地であるメンドーサ地区まで多くの素晴らしい文化的な地域も数多くあります。アルゼンチンを訪れる理由が何であれ、食べ物には時間を費やす価値があります。全ての地域で数え切れないほどのユニークな味付けや食材を使った様々な料理が提供されています。好みにうるさい人でも食べ物に神経質な人でも、多くのシンプルで心のこもった料理を食べる事ができる上に、冒険好きの人にも民族的で普段は目にする事がないような料理も数多くあります。

アルゼンチンの食文化は、南アメリカと世界中の最高の味が融合したものです。アルゼンチンの食べ物は極めてバラエティーに富んでおり、これは20世紀にヨーロッパから押し寄せた大量の移民たちから大きな影響を受けています。ピザやパスタといったイタリアの食べ物がイタリア系アルゼンチン人の人口の多さを物語っており、アルゼンチンの広大な農地はレストランの多くがステーキ店だという事を意味しています。バーベキューは好きですか?「パリラ」というのはバーベキューという意味で、この料理法はアルゼンチン全土で最も一般的です。パリラでは鶏肉や、豚肉、ラム肉、そしてアルゼンチン特産の牛肉を含む様々な肉が使用されています。アルゼンチンのバーベキューは木炭で料理されており、ユニークな南アメリカ風の味になっています。マルベックなどのクラシックなアルゼンチンのワインと一緒に楽しめば素晴らしい食事になるでしょう。

ブエノスアイレスにはストリートアーティストから彫刻家などが関わる活気あふれるアートの文化があります。抽象芸術は好きですか?レコレータ墓地に行ってみたり、驚異的なフロラリス・ヘネリカまで歩いて行ってみたりしましょう。また、アルゼンチンはタンゴの発祥地でもあります。アルゼンチンは非常に独特な彼らのダンスを誇りにしています。ワインと同じように多くの地域で親しまれています。この活気あふれる都市の歴史を手短に説明すると、それは数百年前にスペインからの入植者がやってきたときに遡ります。

その入植地は、別の入植者たちがやってきて、現在のブエノスアイレスとして知られる都市を建設するまで長くは続きませんでした。数世紀を経て、この都市は牧畜と皮革の輸出に理想的な場所になりました。現在、この都市は現地の人々ににとっても観光客にとっても魅力的な文化を持った活気にあふれた場所になっています。