今すぐオンラインでアンゴラビザを申請しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: eVisa On Arrival

2018年3月、アンゴラの出入国および外国人サービス局が61ヶ国の市民を対象とした観光電子到着ビザの発効を開始しました。このビザの事前登録プロセスは非常にシンプルで100%オンラインです。いったん申請が提出され受理されれば、申請者には電子レシートが送付され、これを印刷し、到着時に入国管理官に提示する必要があります。そうです、それくらいシンプルなのです。

この電子到着ビザのシステムは世界中のどこにいてもビザの申請ができるオンラインの手法です。このシステムの渡航者にとっての利点は、いつでもどこからでもインターネットを通じて素早く申請ができる事と、支払いを申請時にオンラインでできる事です。

申請に必要な書類
  • 少なくとも4ページの空白のページと1年以上の有効期限がある有効なパスポート。

  • 白い背景で撮影された最近の写真

  • 黄熱病のワクチン接種証明書

  • ホテルの予約および/または宿泊施設の証明

  • 十分な資金の証明(滞在1日当たり200USD)

  • 帰国の航空券の予約

  • クレジットカード/デビットカードもしくはPayPalのアカウント

重要な指示

注意:アンゴラの電子到着ビザの費用は120.00USDで、これは到着時に支払うあります

  • このアンゴラの電子到着ビザは 30 日 (到着後).有効です。ですが、アンゴラに滞在できる最長期間は 30 days in Total.

  • この電子到着ビザはビジネス目的でも有効です。

  • パスポートは少なくとも4ぺー以上の空白のページがあり、1年以上の有効期間が無ければなりません。

  • アンゴラへ到着した際には、パスポートと、印刷した電子レシート、そして申請で使用した他の全ての書類を提示する必要があります。

  • 旅行書類入手のために宿泊の証明が必要です。この書類に記載されている日付は、申込書で選択された旅行日付と一致している必要があります。これは政府により旅行書類を発行するための必要事項となります。

このアンゴラの電子到着ビザは以下の入国地点の内の1つから同国に入国するつもりの渡航者にしか利用できません。

  • クアトロ・デ・フェベレイロ空港(ルアンダ)

  • ルバンゴ空港

  • マッサビ(コンゴ共和国国境)

  • ルアウ(コンゴ民主共和国国境)

  • クロカ(ナミビア国境)

このアンゴラの電子到着ビザ(上陸許可)によって自動的に同国への入国が許可されるわけではありません。当該人物が入国のための要件を満たす事ができなかったり、同人物の存在がアンゴラの国益や安全保障に反する場合、通関手続地の入国管理官が入国を拒否する可能性があります。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

アンゴラの観光電子到着ビザとは、アンゴラ共和国に娯楽や、スポーツ、および文化的な目的で入国を望む外国人に必要となる公的な渡航書類です。

申請の際は以下のものが必要になります:

  • 有効期限が1年以上で4ページ以上の空白のページがある有効なパスポート

  • 白い背景で撮影された最近の写真

  • 黄熱病のワクチン接種の証明書

  • ホテルの予約もしくは宿泊施設の証明

  • 滞在資金の証明(1日当たり200USD)

  • 帰国の航空券の予約

  • クレジットカード/デビットカードもしくはPayPalのアカウント

このアンゴラの電子到着ビザの費用は120.00USDで、これは到着時に支払う必要があります。

加えて、ビザの処理にかかるサービス手数料も請求いたしますが、その金額はお選びになる処理時間によって異なります:

  • 標準処理:JPY 3,285.06

  • 迅速処理:JPY 6,570.12

  • 超迅速処理:JPY 9,855.19

このビザは 30 日 (到着後). 有効です。ですが、許可される滞在日数は最長で30 days in Total です
渡航書類は電子ビザの失効後1年以上有効で、少なくとも4ページの空白のページが無ければなりません。

お選びになる処理時間によって異なります。

当社では以下の3つのオプションを提供しています:

  • 標準処理:6 営業日.

  • 迅速処理:4 営業日.

  • 超迅速処理:2 営業日.

いいえ、いったん発行された後に電子ビザ上のいかなる情報も変更もしくは修正する事は出来ません。ですが、間違いがあり、発行の前に間違いに気が付いたのであれば、オンラインチャットもしくはhelp@ivisa.comまでイーメールで出来るだけ早くご連絡ください。
許可される最大の滞在日数は 30 days in Total です。
アンゴラの観光電子到着ビザでは複数回入国する事ができます。
はい、このアンゴラの電子到着ビザの滞在日数は30日間延長できます。ですが、アンゴラの外交領事大使館に連絡する必要があります。
いいえ、アンゴラの観光電子到着ビザで就労やいかなる有償の活動もする事はできません。
アンゴラの観光電子到着ビザに申請できるのは60ヶ国:アルジェリア、アルゼンチン、オーストラリア、ベルギー、ブラジル、ブルガリア、カナダ、チリ、中国、クロアチア、キューバ、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、インド、インドネシア、アイスランド、イスラエル、イタリア、日本、ラトビア、レソト、リトアニア、ルクセンブルク、マダガスカル、マラウイ、マルタ、モナコ、モロッコ、オランダ、ニュージーランド、北アイルランド、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、ロシア、サントメプリンシペ、シンガポール、スロバキア、スロベニア、韓国、スペイン、スワジランド、スウェーデン、スイス、東ティモール、アラブ首長国連邦、イギリス、アメリカ合衆国、ウルグアイ、バチカン市国、ベネズエラ。の国民です。
アンゴラへはルアンダ空港(4デ・フェベレイロ)とラバンゴ・ムカンカ空港、ルアウと、サンタクララ、そしてマッサビの国境から入国できます。
アンゴラに到着した際には、パスポートと、印刷した電子ビザの委任状、そして申請時に提出した全ての書類を提示する必要があります。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

詳細については以下のリンクをクリックしてください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

アフリカ大陸の南西の沿岸部に位置するアンゴラ共和国は、普通では味わえない休暇を過ごしたい旅行者にはぴったりです。この国は隠された砂浜や素晴らしい文化に満ちています。この国はアフリカで7番目に大きな国で、公用語はポルトガル語です。アンゴラの西には大西洋しかなく;南の国境はボツワナとナミビアが接しており;コンゴ共和国が北にあり;北西にはコンゴ民主共和国が;東にはザンビアがあります。

アンゴラには豊かで多様な生態系があり、北には鬱蒼とした熱帯雨林があり、海岸線は温帯で、内陸部の山々は2500m(6000ft)を超え、サバンナが南部と南東部に広がっています。アンゴラで最も高い山がモコ山で、その高さは2630m(8592ft)にもなります。アンゴラの全土には好奇心旺盛の旅行者を待つ素晴らしい景色が待っています。アンゴラの首都であるルアンダは大西洋に面した沿岸部にあります。

ルアンダはアンゴラ最大の都市で、ルアンダ島(この都市の南部)とシダーデ・アルタ(この都市の北部)という2つの部分に分かれています。この国の過去20年間の急速な成長によってルアンダは大きく生まれ変わっています。ですが、ルアンダにはポルトガル様式の建物や、沿岸部の活気あふれたナイトライフ、歴史的なモニュメント、そして丘の上の住宅地などの豊富な魅力が残っています。歴史的な部分に加えて、ルアンダの周辺には多くの見どころがあります。

こういった見どころにはキサマ国立公園や、カランドゥーラの滝、そしてムッスロ島などがあります。カランドゥーラにあるルカラ川に注ぐ2つの滝はアフリカで2番目と3番目に大きな滝です。順位はどうあれ、105mの高さと400mの幅をもつこれらの滝は壮大で、頑張ってでも見に行く価値があります。海岸線が1600㎞もある国なので、アンゴラに数多くの素晴らしい砂浜がある事には何の驚きもありません。サーフィンが好きなら、カボ・レドは世界最大の左利きの波を誇っており、ライドはしばしば500mを超えます。もっとゆったりとした雰囲気を求めているなら、サンガーノまで足を延ばせば現地の町と漁船が並んだ景色を持つ白い綺麗な砂浜があります。首都からあまり遠くないもう1つの選択肢はナヴァイオビーチで、ここではタンカーや、貨物船、そして漁船などの錆びた残骸があり、美しいアーティスティックな写真を撮る事ができます。アンゴラの文化はポルトガルだけではなく、様々な民族から影響を受けています。

最も目立つものがバンツーと、オヴィンブンド、キンブンド、バコンゴ、そしてチョクウェです。アンゴラには多様な土着の音楽文化があります。ナミベ地域では、トピアリーという髪形をしたニャネカ族の人々と一緒に時間を過ごす事ができ、チツンド・フロという場所で歴史的なロックアートを見る事ができます。もっと冒険をしてみたい気分なら、ルンダ地域のチョクウェ族の人々と交流してみましょう。彼らの儀式用のマスクは非常に素晴らしく、コレクターズアイテムになっています。ルアンダで毎年行われているジャズフェスティバルは、この都市の文化的な見どころの1つで、近年ではブルーフェスタと呼ばれる国内外のヒップホップとクドルゥー音楽のスターたちを集めたイベントが人気を博しています。

アンゴラはズーク音楽に合わせて踊る非常に官能的なダンスであるキゾンバが最も有名で、このジャンルはポルトガル語のロマンティックな歌詞と、アフリカのリズムを融合させています。キゾンバはまだ比較的新しいダンススタイルながらも近年ではますます人気を獲得し、今やアンゴラの非公式な国民的ダンススタイルになまでなっています。