今すぐベトナムの観光到着ビザを入手しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: eVisa On Arrival

ベトナムビザの承認状は、iVisaのシンプルなベトナムオンラインフォームに従う事で誰にでも取得できます。この書類はオンラインなら最短で8時間で取得できます。この書類は航空機に搭乗する際と、到着時に入国審査官へ提示しなければなりません。

4年にわたる当社の経験と、ベトナムビザの承認状を受け取ってきた世界中の数千人の顧客の満足は、もっとも経験豊かな専門家との強力と、ベトナムのビザを処理するためのもっとも安全で/効果的なテクノロジーの結果です。

申請に必要な書類
  • 少なくとも6カ月有効期限のあるパスポート。

  • シンプルな個人情報に関する質問への回答

  • クレジット/デビットカードまたはPaypalアカウント。

ベトナムに入国する際には以下の書類が必要になります:

  • 入国許可フォーム(印刷されたベトナムの事前承認書)

  • 2枚の写真

  • オリジナルのパスポート

  • ベトナムの到着ビザのための追加ビザ費用(空港の入管で支払い可)。この証印手数料は1回入国ビザ(1ヶ月および3か月タイプ)では25ドルで、数次ビザ(1ヶ月および3ヶ月タイプ)では50ドルです。

重要な指示
  • パスポートは記載された到着日時から少なくとも6カ月有効でなければなりません。

  • 入国ビザを取得するにはベトナムの空港でパスポートの写真が求められます。

  • 到着ビザは航空便での渡航者に対してのみ有効です。

  • 到着ビザはベトナムの以下の3つの国際空港で利用可能です:タンソンニャット国際空 (ホーチミン市); ノイバイ国際空港 (ハノイ); または ダナン国際空港 (ダナン)。これらの空港間を行き来することに何の問題もありません。

  • 渡航者は到着時に証印手数料を払う必要があります。この証印手数料は1回入国ビザ(1ヶ月および3か月タイプ)では25ドルで、数次ビザ(1ヶ月および3ヶ月タイプ)では50ドルです。

  • 報告した到着日時は予定できるもっとも早いものであるべきですが、その日時よりも後に到着することもできます。報告した出発日時は、ビザを延長していない限り同国への滞在が許されている最終日となります。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

到着ビザとは、ベトナムへの入国のための承認状を取得するプロセスです。実際のビザはベトナムに到着した際に発行されます。到着に際しては、パスポートと、2枚のパスポート大の写真、および該当するビザ証印手数料と共にVOA状を提示しなければならない事にご注意ください。VOAの紙面には他の渡航者の氏名が記載されている場合もある事にご注意ください。これは同国政府が渡航者をまとめて承認する事をその発行方法としているためです

オンラインのフォームを完全かつ正確に記入する必要がありますが、書類を提出する必要は一切ありません。

しかしながら、ベトナムへの入国の際には以下のものを提示する必要があります:

  • VOA承認状 (当社が提供いたします)
  • 証印のために少なくとも2ページの空白のページがある有効なパスポート
  • 2枚のパスポート大の写真(4 x 6 cm)
  • 航空会社によって提供された出入国フォーム
  • 現金で支払われなければならないビザ証印手数料(1回入国は25米ドル、複数回入国は50米ドル)。
標準的処理の費用は20米ドルから45米ドルです。処理を早くするには50米ドルから75米ドルがかかり、さらに早くするには80米ドルから105米ドルかかります。実際の費用は選択した入国回数と滞在日数に依ります。
選択した処理時間に依ります。当社は到着ビザの各タイプに3つの選択肢を用意しています:
  1. 標準的処理時間:1営業日
  2. 迅速処理:12時間
  3. 超迅速処理:3時間

このビザは申請時にした選択に応じて到着時から30日間または90日間有効です。

滞在期間の延長ができるのは、ベトナム滞在中1回だけである事にご注意ください。しかしながら、これは難しいプロセスなので、もし滞在期間が30日間を超過してしまう可能性がある場合には、90日間を選択しておく事をお勧めします。

申請者のパスポートはベトナムへの入国時点から少なくとも6カ月間有効で、2ページ以上の空白のページがなければなりません。
ベトナムに到着したら以下のものを提示する必要があります:
  • VOA承認状 (当社が提供いたします)
  • 証印のために少なくとも2ページの空白のページがある有効なパスポート
  • 2枚のパスポート大の写真(4 x 6 cm)
  • 航空会社によって提供された出入国フォーム
  • 現金で支払われなければならないビザ証印手数料(1回入国は25米ドル、複数回入国は50米ドル)
滞在期間や、入国回数、および訪問目的に応じてベトナムの到着ビザには以下のような様々なタイプがあります:
  • 1ヶ月1回入国ビザ
  • 1ヶ月数次ビザ
  • 3ヶ月1回入国ビザ
  • 3ヶ月数次ビザ
  • 6ヶ月数次ビザ
いいえ、到着ビザはベトナムへ航空便で入国する渡航者のみを対象にしています。
いいえ、ベトナムのビザ承認状に記載された日時よりも前に同国に入国する事はできません。
渡航計画次第です。もし滞在期間中ベトナムを離れないなら、1回入国ビザで十分でしょう。しかしながら、もしどこかしらの周辺国(ラオスやカンボジアなど)を訪問するつもりなら、ベトナムからの各々の出入国のすべてをカバーするために数次ビザを取得するほうが良いでしょう。

いいえ。この到着ビザの以下の空港でしか発行されません:

  • タンソンニャット国際空 (ホーチミン市)
  • ノイバイ国際空港 (ハノイ)
  • ダナン国際空港 (ダナン)

数次ビザを発行されている場合は、ベトナム入国後はあらゆる通関手続地(空港、港湾、陸上検問所)から出入国できる事にご留意ください。

時と場合に依ります。もし数次ビザを必要としている場合および/または30日間以上ベトナムに滞在しようとしている場合には、このVOAが最善の選択肢でしょう(到着ビザを発行できる3つの国際空港の内の1つから入国する限りにおいて)。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

詳細については以下のリンクをクリックしてください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

外国への出張は決して簡単ではありません。あなたは異なる習慣とマナーを持つ異なる文化に直面する事になるので、ある程度の適切な下調べが出発前に必要になります。それはベトナムでも同じです。ベトナムのビジネス関係者は、ベトナムの人々があなたの国に来た時に、あなたが彼らに期待するように、彼らも特定の方法であなたが振舞う事を期待しています。お互いの文化と伝統を尊重する事は自然な事で、そうしなければ失敗に繋がる可能性があります。結果として、もし出張に行く予定があるなら、彼らのマナーについていくつかの側面を学んでいくべきでしょう。何も突飛なことは無いので、ベトナムの文化に興味がある事を示せば非常に良い印象を付ける事ができるはずです。第1に、ベトナム側の代表団とのすべての会合は、たとえあなたがベトナムに入国していなくても、何週間か前に予定を入れておくべきです。加えて、とりわけ立場の高い人々には英語があまり通じないので、通訳を雇う時間も必要です。お望みなら協議事項を準備していく事もできますが、ベトナムの人々は好きなように話題を変えるので、いつも協議事項が尊重されるわけではありません。これは無作法の証ではありません。これが単純に彼らのやり方なのです。初めてベトナム側の代表団と面会するときは、名刺の交換が習慣というよりも儀式になっています。名刺を渡す時は両手を使って渡しましょう。また、例えば座っている人物など、誰かの頭を横切らないようにしましょう。加えて、あなたの献身と敬意を示すために名刺の内容を翻訳して裏側に入れておきましょう。すでに述べたように、ベトナムのビジネス関係者は会合に十分なほどの英語は話せません。同時に、名刺を受け取るときは、ちょっと見ただけですぐにポケットにしまったりテーブルに置いたりしないようにしましょう。受け取るときも両手で行い、しっかり目を通して、どこでも良いので丁寧に置いておきましょう。たとえそれほど重要だと思わなくても、同席した人々にあなたが名刺を尊重している事を示す必要があります。ベトナムの服装についてのマナーは突飛な所はありません。男性はあらゆる公式の会合ではスーツを身につけなければなりませんが、気温が高い時はジャケットを脱ぐことができます。女性も控えめな服装をする必要があります。スーツやドレスが許容されますが、品位が常に重んじられるべきです。タイトすぎたり、短すぎたりしてはいけません。このベトナムのビジネス業界のドレスコードは地域によって異なります。例えば、ベトナムの南部では北部よりもかなり緩いです。ベトナムでは、贈り物が非常に一般的ですが、常に会合の最後や、招待された家を後にするときまで待つ必要があります。しかしながら、あまり手の込んだ贈り物をする必要はありません。あなたの企業のロゴが入ったちょっとした品物で十分です。ベトナム側の代表団との食事に招待されたときは、上役の人物が最初に席に着くのを待たなければなりません。食事のために誰かの家に招かれたときには、ホストが先に腰かけるのを待つ必要があります。また、ホストがあなたの座る場所を告げるまで立って待つ必要があります。ベトナムのビジネスの考え方に関しては、それほど多くを期待すべきではありません。問題が持ち上がったときは、ベトナムの人々は「上手くいけば何でも良い」という感じの人々です。彼らは派手ではなく、全員が満足してテーブルを立つなら、どんな解決策でも良い物なのです。同時に、ベトナムの人々が孔子と彼の哲学を崇拝しているという事を知っておくべきです。その事を念頭において、彼らはビジネスに取り掛かる前にあなたとの人間関係を構築する事を大事にしています。これこそが、ベトナムの人々の中には契約の前にまずあなたのことを知ろうとする人がいる理由なのです。最初の会合は、そういった理由のためにだけに行われます。これはベトナムの人々が一般的には非常にプライバシーを大切にする人々なので意外な一面です。しかしながら、彼らは本当に個人的としてもビジネスマンとしても、あなたの事を知りたいと思っています。あなたが常に憶えておかなければならない事の1つは、ベトナムのビジネス関係者が体面を非常に大事にしている事です。もしあなたが誰かを批判しても、彼らは常に体面を守るために黙っているはずです。評判が彼らにとっては非常に重なので、すべての批判や文句をできる限り内密にとどめるようにするべきです。もし何か言う必要があるときは、常に相手を他人の居ないところに連れて行ってから懸念を表明しましょう。こうしたほうが安全なので、あなた望む結果が得られる可能性が高まります。想定されるもう1つの事は、交渉が長くかかるという事です。ベトナムでは他の国々と同じように、人々はできるだけ良い契約を結びたいと思っています。しかしながら、ベトナムの人々は望むものを得るためならほとんど何でもします。彼らの戦略の内の1つは、あなたが折れる事を期待して議論を非常に長引かせるという事です。もしあなたが折れなくても彼らが気分を害する事はありません。彼らは単純に契約の前に試してみたいと思っているだけです。ベトナムでは、ビジネス関係者は信用取引よりも現金取引を好みます。長期間の良好な協力関係にある人々だけが信用取引をする事ができます。この事に関して言えば、相手が初めての相手である場合は現金を準備しておくべきでしょう。非常に時間と費用が掛かるので、訴訟になる事は決してありません。加えて、外国人のあなたはベトナムの裁判では最初から不利な立場にあります。ベトナムの文化があなたの母国の文化とは全く違うということを忘れずにいれば、出張は上手くいくはずです。これまで述べてきたコツが少なくとも取り掛かりには役立つはずです。そしてもしまだ自信が持てないなら、ベトナムで働いている人に問い合わせましょう。ベトナムには不文律があるという人もいます。