今すぐオンラインでベトナムの電子ビザを入手しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: 電子ビザ

2017年2月、ベトナムは同国への入国プロセスを簡素化するためにこの電子ビザプログラムを開始しました。それ以前は、渡航者はベトナムの承認状と到着ビザを取得する必要がありました。現在は46か国の市民はオンラインで申請し、電子的に電子ビザを取得する事ができます。このプロセスは100%オンラインなので、大使館を訪問する必要はありません。

この書類はオンラインなら最短で3営業日で取得できます。この書類は航空機に搭乗する際と、到着時に入国審査官へ提示しなければなりません。この電子ビザは1回入国のための書類で、最大の滞在期間は30日間です。

申請に必要な書類
  • パスポート(ベトナム到着時点から少なくとも6ヶ月有効な)

  • クレジット/デビットカードまたはPaypalアカウント

  • パスポートのデジタルスキャン(個人情報ページ)

  • ID/パスポートのデジタル画像

重要な指示

-このベトナムの電子ビザは1回入国ビザです。

-このベトナムの電子ビザは申請時に報告した入国日から30日間有効です。

  • 電子ビザの所有者は、最初の入国日から最大で30日間まで連続してベトナムに滞在する事ができます。
  • ベトナムへの訪問を望む渡航者は、予定の入国日有効から少なくとも6カ月なパスポートを持っていなければなりません。
  • いったん最初の30日間が経過し、更新が必要になったら、ベトナムにいる電子ビザの所有者は、ベトナムにおける外国人の出入国と、乗り継ぎ、および居住に関する法律に基づいて、ベトナムの機関や、組織、または個人によって招待/後援されている場合、新たなビザが検討されます。
  • 申請者のパスポートはベトナム到着から少なくとも6ヶ月有効でなければならず、入国および国境管理官のために少なくとも2ページの空白のページがなければなりません。
  • 自分のパスポートを持つ未成年者は完全に電子ビザ申請を完了しなければなりません。親のパスポートに含まれる14歳以下の未成年者は、親の電子ビザ申請に含められなければなりません。
  • 申請者は滞在期間中は常に電子ビザのコピーを携帯しなければなりません。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

電子的ビザ(電子ビザ)とは、ベトナムへの渡航と入国の許可を提供する電子システムを介したベトナムの入国管理局によって発行されるビザの一種です。このベトナムの電子ビザは最大で30日間有効です(1回入国用)。

申請のためには以下のものが必要です:

  • パスポート(ベトナム到着時点から少なくとも6ヶ月有効な)
  • クレジット/デビットカードまたはPaypalアカウント
  • パスポートのデジタルスキャン(個人情報ページ)
  • ID/パスポートのデジタル画像

ビザのための完璧な写真の撮影方法: 動画ご覧ください

必要書類のための 完璧な写真の撮影方法: 動画ご覧ください

このベトナムの電子ビザの費用は25米ドルです。それ加えて標準的な処理には20米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには30米ドルがかかり、さらに早くするには60米ドルかかります。
選択した処理方法に依ります。次の3つの選択肢があります:
  1. 標準的処理時間:5営業日
  2. 迅速処理:4営業日
  3. 超迅速処理:3営業日
このベトナムの電子ビザは到着後30日間有効です。このビザは1回入国ビザで、最大で30日間滞在する事ができます。
パスポートはビザの有効期限よりも少なくとも30日間長く有効で、少なくとも2ページの空白のページがなければなりません。例えば、今日入国し、30日で有効期限が過ぎる場合、パスポートは少なくとも60日間有効でなければなりません。
この電子ビザで滞在できる最大の日数は30日間です。
以下の国籍にその資格があります: アルゼンチン、 オーストラリア、 アルメニア、 アゼルバイジャン、 ベラルーシ、 ブルネイ、 ブルガリア、 カナダ、 中国、 コロンビア、 キューバ、 チェコ共和国、 デンマーク、 フィンランド、 フランス、 ドイツ、 ギリシャ、 ハンガリー、 インド、 アイルランド、 イタリア、 日本、 カザフスタン、 ルクセンブルグ、 モンゴル、 ミャンマー、 オランダ、 ニュージーランド、 ノルウェー、 パナマ、 ペルー、 フィリピン、 ポーランド、 ルーマニア、 ロシア、 スロバキア、 韓国、 スペイン、 スウェーデン、 東ティモール、 アラブ首長国連邦、 イギリス、 アメリカ合衆国、 ウルグアイ、 ベネズエラ

国際空港

  • カットビ国際空港(ハイフォン)
  • カムラン国際空港(カインホア)
  • カントー国際空港
  • ダナン国際空港
  • ノイバイ国際空港 (ハノイ)
  • フバイ国際空港
  • フーコック国際空港
  • タンソンニャット国際空港 (ホーチミン市)

陸路検問所

  • ボーワイ検問所
  • チャロ検問所
  • チャウトレオ検問所
  • ヒューギ検問所
  • ハティエン検問所
  • ラオバオ検問所
  • ラオカイ検問所
  • モクバイ検問所
  • モクバイ検問所
  • ナムカン検問所
  • ソンティエン検問所
  • ティンビエン検問所
  • サーマット検問所

港湾

  • ダナン港
  • ホンガイ港
  • ハイフォン港
  • ニャチャン港 -クイニョン港
  • ホーチミン市港
  • ブンタウ港
電子ビザでベトナムに入国した後に、ベトナムの機関や、組織、または個人に滞在を後援する事をリクエストできます。機関や、組織、または個人がベトナムの入国管理局であなたのために新しいビザの申請を行わなければなりません。
パスポートと共にこの電子ビザを印刷したコピーを提示しなければなりません。
電子ビザの有効期間は、承認された電子ビザ書類に規定された日付から開始されます。この有効期間内ならいつでもベトナムに入国できます。
アジアを訪れるつもりなら、ベトナムをその候補から外す事はできません。この国には美しい景色と息をのむ風景があり、魅力的な人々がいます。一部の人々は都市部を目的にしてベトナムを訪れますが、ほとんどの観光客は自然を探索するためにやってきます。そして彼らは驚くべき体験をします。農村地域を回るツアーはときに圧倒的で、そして人々のおもてなしの精神はあなたを謙虚な気持ちにさせるでしょう。しかしながら、ベトナムへの旅行計画を立て始める前に、その旅行をもう少し良いものにできる基本的な事をいくつか知っておく必要があります。ある程度の下調べが出発の前には必要で、この記事が多少なりともその助けとなるはずです。第1にあなたが知っておく必要がある事は、人々と英語でコミュニケーションを取る事はできますが、それは都市部でであるという事です。農村地域の人々は英語の話し方を知らない場合が多く、コミュニケーションを取れる可能性は若い世代のほうが高いでしょう。いずれにせよ、やりとりができるように出発前に基本的な表現をいくつか学んでいく事をお勧めします。利用できるアプリがあり、携帯できる辞書なども役立ちます。加えて、インターネットが西側諸国のものと同じくらい早いと思ってはいけません。そして地域によってはインターネットがまったく利用できない場所もあります。気を付けなければいけない1つの側面はお金についてです。ベトナムの通貨はドンで、その名前で冗談を言いたくなってもベトナムの人々の前では控えましょう。しかしながら、お金を両替する際には紙幣が非常に似ている事に気付くはずです。50,000ドン紙幣は500,000ドン紙幣とほとんど一緒で、それを理由にお金を損する可能性があります。支払いをする前に使おうとしている紙幣がいくらなのかを確認してから支払いをする事をお勧めします。いったんミスをしたら店員がお金を返してくれるとは思わないでください。観光客の経済効果はベトナムでは比較的新しい事なので、売り手の中には欲をかく人たちもいます。あなたを利用しようとする人もいるでしょう。彼らはある商品で割引をして、他のものを買わせようとするかもしれません。交渉に関して言えば、ほぼどこででも交渉して大丈夫です。しかしながら、もしその技術がなければ、あまり多くのものを買う事は控えるべきです。さもなければ騙されてしまうでしょう。多くの人々がツアーガイドの助けを借りてベトナムを散策することを選んでいますが、ツアーパッケージを購入しない事をお勧めします。多くの人々はツアーパッケージでの体験に満足できず、結局自分で散策したほうが良かったと結論付けています。これは実際に非常に正しいです。自分で旅程を立てる事にはある程度の時間がかかるかもしれませんが、ある程度しっかりとした下調べをすれば状況に対処できるはずです。加えて、退屈で静かなガイドに支払うお金を節約することができます。ベトナムのガイドがもっと教育を受けていないのは残念な事ですが、そうする事が彼らにとって最善だと結論付けているのでしょう。宿泊施設に関しては、ベトナムのホテルは少々高額です。加えて、提供される朝食は一般的に地味です。しかしながら、コツの1つは路地で探す事です。ベトナムにはあなたが思っているよりも多くのホテルがありますが、路地を探せば清潔で価格も良いホテルを数多く見つけられるはずです。大通りのホテルは観光客の目に留まりやすい事を利用して価格をあげているので、路地裏のホテルのほうが価格は安くなっています。ベトナムであなたが気に入るだろう事の1つは食べ物です。西側諸国でもベトナム料理を食べる事はできますが、ご想像の通り、それらはベトナムの人々が作る物とは比べ物になりません。しかしながら、知っておくべきことがいくつかあります。1つとしては、非常に人が多く集まっているお店でだけ食べるようにしましょう。列に並ぶことは好きではないかもしれませんが、そのお店に人が多くいるという事は、コックが1日中料理をしているという事です。加えて、彼らはいつも新鮮な食べ物を提供しています。お客の少ない店は料理を作っても、それを放置しています。食べ物はすぐに古くなり、おなかの具合が悪くなる可能性があります。そういった事で旅行が台無しになってしまうかもしれません。また、スープを買うために露店に行くときは、鍋の中のスープがあまり沸騰していない事を確認しましょう。お店の人は少々欲張りで、ときに親切でないように思えるかもしれませんが、観光産業に関係ない地域の人々は信じられないほど魅力的だという事を知っておくべきです。彼らは暖かい心であなたを歓迎してくれる人々で、親切心だけであなたをもてなしてくれるでしょう。ベトナムの人々は好奇心旺盛で、あなたの事を知りたいと思っています。彼らはたくさんの物語を知っていて、時間を使ってあなたに聞かせてくれるでしょう。地域の人々と店の人々との対比ははっきりしているので、観光産業に関わる人々の質でベトナムの人々を判断してはいけません。最後に、ベトナム国内を行き来する最善の手段は列車です。これは交通渋滞や鳴りやまないクラクションを避ける事ができるからです。静かな環境で美しい景色を眺める事ができます。しかしながら、チケットを買うときは駅で買うようにしましょう。ホテルは常に行先を尋ね、チケットの購入を申し出てきます。ご想像の通り、これはタダではありません。単純に自分でチケットを買ってお金を節約しましょう。全体として、ベトナムは訪れる価値のある国です。好きになれない事もあるかもしれませんが、世界中どこのくにでもそれは同じです。何もかもがあなたの思い通りにいく完璧な場所はありません。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

以下のリンクから詳細をご確認ください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf