米国ビザの種類

米国ビザの種類

iVisa | 更新日: Mar 13, 2019

米国ビザの種類は多岐に渡ります。観光、商用、就労、学生、さらには、宗教活動、通過などなど。今回はその中でも一番一般的なものをピックアップしご紹介したいと思います。

USA

商用/観光ビザ

商用/観光ビザは正式にはB-1/B-2ビザと呼称されます。B-1ビザが、いわゆる商用ビザで、取引先との会合、ビジネス分野の会議への参加などを目的とする人がこれを使用します。つまり、契約交渉やミーティングであれば、B-1ビザを使用することになります。続いて、B-2ビザは、旅行、友人や家族の訪問、奉仕活動への参加などが対象となります。ちなみに、この中には、治療目的で短期間、米国に渡る人も含まれます。

就労ビザ

一時的に米国で仕事をする場合には、この就労ビザを利用することになります。一口に就労ビザといっても、この中にはいくつもの分類があります。H-1B (特殊技能職)は、特別な専門職で仕事をするために渡米する人に発行されます。H-2A (季節農業労働者)は、米国内での労働力不足に伴い雇用主が米国外から労働力を確保する際に使用されるカテゴリーです。

学生ビザ

学生ビザは、文字通り、米国内で就学する学生に対して発給されます。これの申請を行う前に、留学先となる学校から、入学の許可を確保する必要があります。その中でも一番一般的なのがF-1ビザというもので、認定大学、私立高等学校、認可された英語プログラムなどに参加する際には、これを利用することになります。

以下でこの記事を共有::
Need Help?