アメリカビザの申請期間

アメリカビザの申請期間

iVisa | 更新日: Mar 13, 2019

アメリカビザの申請には基本的に時間がかかります。もちろん、ビザの種類によって、大きな開きがありますが、基本的には、アメリカはビザの審査を厳しく行うことから、結果的に、申請までに思いがけない時間がかかることがあります。そこで今回は、この申請期間について、大事なポイントをわかりやすくご紹介したいと思います。

USA

ビザ申請の際の面接

アメリカビザに面接はつきものです。この面接ですが、その場ですぐに応じてもらえるわけではありません。事前に予約をして、自分の面接の番を待つ必要があります。大使館は公式に「非移民ビザ申請者は渡米の予定日の少なくとも3ヶ月前に申請を行う」ことを推奨しています。面接によって、ビザの発給が決まった場合、面接の終了後、およそ7日間で、ビザの付されたパスポートが手元に届きます。ただし、書類に不足があった場合などには、再調整が必要となり、ビザとパスポートの受け取りまで時間がかかってしまうことが予想されます。

短期商用ビザの期間

アメリカにはB1という名前の短期商用ビザがあります。これを使用したアメリカでの滞在可能期間は最大で6ヶ月です。

ビザ免除プログラムの期間

ビザ免除プログラムは文字通り、ビザを免除されるプログラムです。ビザの取得は不要ですが、代わりにESTAの認証が必要になります。これによるアメリカの滞在可能期間は最大で90日間です。

以下でこの記事を共有::
Need Help?