今すぐウガンダの通過電子ビザを入手しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: 通過電子ビザ

2016年の6月にウガンダ共和国はこの電子ビザを開始しました。この電子ビザは入国の前に取得しなければなりません。48時間以内にウガンダで乗り継ぎを行うすべての渡航者に、このビザを申請する資格があります。申請者は到着後48時以内にウガンダから第三国への確認された渡航予約、またはウガンダを出国するための許容可能な他の計画を持っている必要があります。

この通過電子ビザプログラムを利用する渡航者は、ウガンダへの渡航の前にオンラインで申請と支払いをすると、オンラインで電子ビザを受け取る事ができます。この電子ビザは、ウガンダへの入国と、ウガンダ国内での移動を許可する公式の書類です。申請者は申請フォームに必要な情報を記入して、クレジットカードでオンライン決済を 完了すると、イーメールでビザが送付されます。

申請に必要な書類
  • パスポートのコピー (個人情報ページ)

  • パスポートの大きさの最近のデジタル写真

  • ワクチン接種の証明(黄熱)

  • 乗り継ぎの理由と目的地の国を表明した書類

  • クレジット/デビットカードまたはPaypalアカウント。

重要な指示

このウガンダの通過電子ビザは到着後2日間有効です。 申請者は申請時にはウガンダ共和国の国外にいなければなりません。

申請者は他のいかなるウガンダのビザも所持していてはなりません。 ウガンダに入国する時点で少なくとも6カ月有効期限があるパスポートを所持していなければなりません。 このビザはウガンダ共和国内にいる間に就労ビザに変更することはできません。 通関手続地で提示を求められるので、この渡航承認書類を印刷して携帯する必要があります。 *申請者はこの観光電子ビザを申請した際に用いたパスポートを持って到着しなければなりません。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

この電子ビザは48時間以内にウガンダで乗り継ぎをする渡航者のためのものです。申請者は到着後48時以内にウガンダから第三国への確認された渡航予約、またはウガンダを出国するための許容可能な他の計画を持っている必要があります。

申請のためには以下のものが必要です:

  • Last Page of Passport (該当する場合)

  • Applicant Photo

  • Passport Personal Details Scan

  • Yellow Fever Vaccination

ビザのための完璧な写真の撮影方法: 動画ご覧ください

必要書類のための 完璧な写真の撮影方法: 動画ご覧ください

このウガンダ電子ビザの費用は51.30米ドルです。それ加えて標準的な処理に含まれる35米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには65米ドルがかかり、さらに早くするには100米ドルかかります。
選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります:
  1. 標準的処理:4営業日
  2. 迅速処理:2営業日
  3. 超迅速処理:1営業日
このウガンダの通過電子ビザは到着後2日間有効ですこのビザは1回入国ビザで、最大で2日間滞在する事ができます。
申請者のパスポートはウガンダへの入国時点から少なくとも6カ月間有効で、1ページ以上の空白のページがなければなりません。
申請者が拒否された場合、個人情報の詳細/個人的状況が変化していなければ、新たな申請も拒否される事になるでしょう。
最終的な承認は選択した通関手続地または入国管理局で行われます。もしウガンダ国外にいる場合には、入国するためには有効なビザ承認状を提示する必要がある事にご注意ください。他のいかなる許可をもってしてもウガンダに入国することはできません。
このウガンダの通過電子ビザで入国できるのは1回だけです。
必須ではないですが、そうする事をお勧めします。この承認状に記載されているバーコードが通関手続地で申請にアクセスするために使用されるので、印刷して携帯する事で最終的な承認プロセスをスピードアップできます。
通過電子ビザで滞在できる最大の日数は2日間です。これはウガンダでの乗り継ぎ/通過にかかる時間は48時間以内でなければならない事を意味しています。
世界は様々な文化と、伝統、習慣、そして慣例の坩堝です。外国でのビジネスを模索しているなら、こういった事を学ぶ必要がある事は言うに及びません。ある程度の下調べをする事は相手方に対しての敬意の証となるだけでなく、その出張を最初から成功させる事もできます。少々変わっているように感じる習慣や、理解に苦しむ習慣などがあるかもしれませんが、実際に現地に行って契約をする前に特定の国におけるビジネスの考え方について学んでおく必要があります。ウガンダでも違いはありません。この国にも他の国と同じように独自のビジネスマナーがあります。努力を実らせるためには、振舞い方や、すべき事すべきでない事、そして彼らの文化についての多少の知識を学んでおく事は損にはなりません。以下ではウガンダの企業とビジネスをする前に知っておく必要がある事について読む事ができます。英語はウガンダのビジネス業界ではよく使われている言語なので、相手方の代表団とのコミュニケーションでトラブルがある事はないはずです。スワヒリ語やガンダ語も話されていますが、それらを学んでいく必要はありません。しかしながら、こういった公用語でいくつか挨拶する方法を学んでおくことをお勧めします。これは敬意の証なので、ウガンダ側の代表団はあなたの努力を高く評価してくれるでしょう。ウガンダの企業はビジネスに従事する前にあなたと知り合いになる事を大切にします。彼らはあなたを信用する前に強力な人間関係を構築する必要があるので、経歴と家族に関する多くの質問をされると思っておいてください。これはあなたの母国のやり方とは違うかもしれませんが、ウガンダの人々は暖かい人々で、これから手を結ぶ人を知る必要があるのです。辛抱強く笑顔で質問に答えれば、すぐに彼らの心を掴めるでしょう。物事が短時間で進む事を期待してはいけません。ウガンダの人々は結論に至る前に時間をかける事を好みます。彼らは詳細にあなたのオファーを議論するので、ときには何回も会合をする必要があるでしょう。ここでもまた忍耐と理解を示す必要があります。攻撃的だと受け取られてしまうかもしれないので、強引に迫ったり急かしたりしないようにしましょう。そういった事をするとすぐに機会は逃げていってしまうでしょう。ドレスコードに関しては、会合は常にちゃんとした服装をして行われます。スーツとネクタイが必須ですが、もっと砕けた会合ではボタンダウンのシャツで行われる事もあります。しかしながら、規律の証となるので常にちゃんとした服装をするようにしましょう。何らかの理由からウガンダの人々は規律と組織をまとめる能力を好みます。服装がそういったあなたの能力を表す事になります。女性はタイトすぎるドレスやスカートを身につけてはならず、もし女性としてウガンダの農村地帯に出張するときは、ドレスやスカートは膝よりも長い物でなければなりません。交渉中は、あなたがとる態度であなたも扱われるでしょう。もしあなたがそのパートナーシップに打ち込んで、良い結果を出すためにできる限りの努力をしているなら、ウガンダ側の代表団も同様にするでしょう。ウガンダでは満場一致が好まれるので、議論は意思決定がなされるまでに時間を要するかもしれません。しかしながら、あなたは自分のやるべき事をしっかりやっておけば、結論が出る前に良い結果を期待する事ができます。挨拶に関しては、固い握手が最適ですが、女性との握手にはいくつかのルールがあります。もしウガンダ側の代表団に女性が含まれている場合は、あなたから手を差し伸べるべきではありません。その女性が手を差し伸べるのを待つ必要があります。もしその女性が手を差し伸べなかった場合には、うなずいたりお辞儀をしたりして相手を認識している事を示す必要があります。その女性を見て彼女に挨拶をした事を示す必要があります。その女性が握手を好まなくても決して無視をしてはなりません。時間を守る事はウガンダのビジネス業界では重要な側面です。誰もが、とりわけあなたが時間を守ることが大切です。しかしながら、代表団の上位のメンバーは少々遅れてくるかもしれませんが、失礼な振る舞いとして受け取らないようにしましょう。実際には、これは全く反対で、年功序列の証です。ウガンダの代表団とのビジネスの最中は、ウガンダの人々が話している事でときおり混乱する事があるかもしれません。彼らのコミュニケーションはときに間接的な事があり、要点を述べるために諺や格言を用います。そういった事にうろたえずに、ボディーランゲージや表情も参考にして理解しましょう。言外の意味を読み取る方法を学ぶには少々時間を要するかもしれませんが、コツは掴めるはずです。機会が巡ってくればときには冗談を言うことができますが、ウガンダでは皮肉は理解されないので避けるべきです。ウガンダの人々は自己紹介の際に名刺を交換する事はしません。しかしながら、あなたが名刺を渡したければ渡す事はできます。ウガンダの公用語で書かれた内容と元々の内容が同じである事だけは確認しておきましょう。これは敬意の証となるので、ウガンダ側の代表団はあなたの努力を高く評価してくれるでしょう。こういった会合では一般的に協議事項を用いられないので、計画なしで話題を見つける必要があります。こういった話し合いはときには予想外の方向に進むことがあるので、しっかりと準備を整えておく必要があります。代表団の誰かと話すときは下の名前で相手を呼んではいけません。ミスターやミセスなどの敬称を使う必要があり、名前の中には伝統的な部族の名前やキリスト教の名前が含まれることがある事を憶えておく必要があります。ウガンダの名前は発音したり憶えたりするのが少々難しいかもしれませんが、最善の努力をすべきです。名前の発音の仕方を誰かに尋ねる事に問題ありませんが、いったん教えてもらったらもう一度聞くべきではありません。ウガンダは開かれた市場で、多くの機会が生まれてくる可能性があります。あなたはそれを利用するためにこの国を訪問するべきです。これまでに述べてきたシンプルなルールに従う限り、出張は成功するはずです。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

以下のリンクから詳細をご確認ください: https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf