ロシアビザの種類

ロシアビザの種類
iVisa | 更新日: Mar 13, 2019

ロシアビザは難易度が高いことで有名。旅人の間ではよく知れた話です。2018年のW杯開催の際には、一時的に、ビザの緩和が実行されましたが、平常時には、ロシアならではの面倒なプロセスを突破する必要があります。ロシアビザを制するには、まずはその種類を把握し、全体像を理解することが重要です。そこで今回は、ロシアビザの種類をご紹介します。

Alt Text

ビザの種類

ロシアビザの基本は、観光ビザでしょう。旅人であれば、ほぼ全ての人がこれを取得することになります。最も基本的なビザですが、取得は楽ではありません。バウチャーと呼ばれる書類を入手しなければ、ビザの申請を始めることができないのです。このバウチャーは旅行会社が発行するもので、そのような意味で、団体ツアーに参加することがデフォルトとなっています。ただし、バウチャー発行のみを依頼できる業者も存在します。続いては、交渉や会議などの目的でロシアに渡る人が取得する、業務ビザです。この中でも30日間、90日間の滞在期間の違いがあり、さらに、シングル(1回のみ入国可能)かマルチプル(複数回入国可能)かで細分化されます。さらに、ロシアを通過するためだけの通過ビザが存在します。これを取得すると、ロシアに72時間だけ滞在することができます。ただし、空港から一切出ずに、飛行機の乗り換えをするだけであればビザは不要なので、その点は混同しないようにご注意ください。

以下でこの記事を共有:
Need Help?