Poland: ビザ情報

観光ビザは必要ありません

観光ビザは必要ありません

今日はあなたのラッキーデーです。あなたのこの国に渡航するためには観光ビザは必要ではありません。 We do recommend you register your trip with your local embassy. 安全な旅を!

申請方法: 大使館登録

オンライン申請を記入してください

Complete our easy online application and pay with credit card or PayPal

オンライン申請を記入してください
安全な渡航

Your embassy will assist you if an emergency (eg. Natural disasters, civil unrest, etc) occur

安全な渡航
今すぐ申請

Why Register with the Embassy

Travel Registration is a service provided by the government. This service allows you to record information about your upcoming trip abroad to the Department of State so it can be used to assist you in case of an emergency. People residing abroad can also get routine information from their nearest embassy or consulate if registered.

Required Information to Apply

Once You Have Registered With Your Embassy Or Consulate, You Will Need To Update Your Data If:

  • your contact details change,
  • your civil status changes,
  • you are going back to your home country.

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

日本のパスポートをお持ちの方がポーランドを訪れる際、観光や商用目的で90日間以内の滞在であればビザの申請は必要ありません。ただし、パスポートの有効残存期間がポーランドの滞在期間に加えさらに3ヶ月必要です。要件を満たしていないとポーランドに入国することができませんので注意しましょう。

ポーランドは中央ヨーロッパに位置する共和制国家。首都はワルシャワで人口はおよそ3,842万人です。ポーランドと言えば世界遺産アウシュヴィッツ強制収容所やマルボルク城が有名で、多くの観光客の興味を集めています。

ポーランドで見逃せない観光スポットは3つ。それはアウシュヴィッツ強制収容所、マルボルク城、クラクフ歴史地区です。これらのスポットは全て世界遺産に登録されており、ポーランドを訪れたら必ずチェックしておきたい観光スポットとなっています。

アウシュヴィッツ強制収容所は1940年から1945年にかけて、ナチス・ドイツ(当時)の占領下にあったポーランド領内に作られた強制収容所です。アウシュヴィッツ強制収容所は世界遺産として登録されており、当時の様子を生々しく知ることができます。

マルボルク城は世界遺産となっているポーランドの名城で、13世紀にドイツ騎士団により建設されました。第2次世界大戦により半分以上が破壊されたものの、その後復元。東京ドーム4.5個分にもなる壮麗なお城は観光客に感動を与えています。

クラクフ歴史地区は「ポーランドの京都」とも呼ばれるポーランドの古都で、現在は街全体が世界文化遺産に登録されています。17世紀初頭までポーランド王国の首都だった歴史あるこの街は、当時の繁栄を今に伝えるヨーロッパで最も美しい都市と言われています。

ポーランド滞在中は、「滞在許可証の原本」または「旅券の原本」を常時携行する必要があります。提出を求められた時にこれらを持ち合わせていないと、不法滞在などを疑われる原因となってしまいますので必ず携帯するようにしましょう。

また、ポーランドの外国人法により、3日間以上滞在する外国人に対して、入国の際に「出入国や滞在に必要な経費」を国境警備当局に示さなければなりません。具体的には1日最低500ズロチ(約12,500円)が必要となりますので、必ず用意するようにしてください。

ポーランドは観光スポットが豊富な魅力ある国。ヨーロッパの中でも世界遺産が多く、14件もの世界遺産を有しています。歴史を感じることのできる建造物や美しい街並みなど、ポーランドの見所は言葉では言い尽くせません。素晴らしい観光資源に出会えますので、一度は訪れてみることをおすすめします。

電子ビザとは、特定の国への入国と、同国内での移動を許可する公式の書類です電子ビザは、通関手続地で発行されるビザや、大使館/領事館を訪れなければならない従来の紙面のビザの代替です。電子ビザは旅行者のパスポートに電子的に結び付けられています。
当社のサービスは情報で始まります。観光ビザが必要かどうかを検索するには、当社の最新のビザ要件ツールを利用する事ができます。このツールは出発地と目的地を入力するだけで良いくらいシンプルです。この情報に基づいて、当社がビザの費用や、入国できる回数、および有効期間の開始日を通知するので、当社のサイトから直接的に申請などの手続きをして頂けます!
この情報を参照できる最も良い方法は当社のビザ要件ツールです。各国はそれぞれ異なる入国ルールとビザ手数料を持っています。また、もしお急ぎならオンライン申請をする事もでき、このフォームにはこの情報が含まれています。
ビザを発行する国に依ります。多くの国々ではオーストラリアのETAやトルコの電子ビザなどのように、このプロセスは当社のお急ぎサービスでなら15分で完了することができます。他の国々ではインドの観光ビザのように、このプロセスには一般的に24時間かかります。正確な時間は各申請フォームに記載されています。当社が保証できる事は、iVisaを使った申請がいずれの国に申請するにせよ最も早い方法だという事です。
この書類はA4の白紙に印刷しなければなりません。両面印刷や縮小印刷は受け付けられません。
当社はあなたが可能な限り最もシンプルで迅速な方法で観光ビザを取得するお手伝いをします。綿密で使いやすい申請フォームと世界水準の毎日24時間カスタマーサービスによって当社はビザ処理全体を素早くシンプルにしています! また、当社はあなたのデータとクレジットカードを保護する上では最善の方法を実施しています。
iVisaでは目的地に応じて電子ビザと従来の紙面のビザという2つの種類のビザを提供しています:加えて、当社は特定の国から求められているETA(電子渡航認証)や、ツーリストカード、到着ビザ事前登録/承認フォーム、観光客招待状、および大使館登録サービスなどのサービス/書類も提供しています。
  1. ビザを申請する国を選択してください
  2. ビザの種類を選択して、指示をしっかりと読んでください
  3. 今すぐ申請する、を選択してください
  4. 申請フォームを記入してください
  5. ビザカードや、マスターカード、または他のクレジットカードを用いて支払いをしてください。
  6. 確認のイーメールが来たら、アカウントから電子ビザをダウンロードおよび印刷して下さい。
  7. 通関手続地で入国審査官に印刷した電子ビザを提示して下さい。
ほとんどの国にはサービス手数料なしで観光ビザを処理する能力がある事にご注意ください。当社が毎月数千の観光ビザを処理している主な理由は、利用者の時間を節約し面倒を削減するためです。当社のサービスには簡単に利用できるウェブサイトと申請フォームが含まれています。とりわけモバイルユーザーや大規模なグループにとっては当社を使って申請を処理する方が遥かに簡単です。当社はすべてのお客様に旅行の数日前にビザを送付しています。これは数カ月前から前もってビザを購入した旅行者にとっては特に役立ちます。また、当社はアメリカ合衆国を拠点として英語を話すプロフェッショナルな24時間対応のカスタマーサービスも提供しています。当社は複数の通貨を取り扱っており、当社のウェブサイトは20以上の言語に翻訳されています。当社の手数料が時間の節約と面倒の削減に値するものと信じていますが、すべての政府にはそれぞれの「手数料」サービスがある事にご注意ください。
既に当社で申請がお済みの場合には、アカウントへログインして頂き、注文/申請をチェックしてください。アカウントは支払いの後に自動的に作成されます。パスポートを設定するためには確認イーメールに記載されているリンクをクリックして頂くか、パスワードを設定するためにログインページにアクセスしてアカウントに入ってください。ほとんどの場合ビザはイーメールで送信され、ログイン後にアカウントで閲覧できる事にご注意ください。
これは稀なシナリオです。しかしながら、申請が拒否された場合には、当社の100%承認保証に従って政府関連費用と処理費用の全額を返金いたします。この返金は将来の注文で使用するためのクレジットとして提供されます。 更にサポートが必要な場合には、お気軽に当社までご連絡ください。当社のカスタマーサービスが喜んで対応いたします。
当社がまだビザの処理をしていなかった場合には、問題なく当社の側で修正する事ができます。当社の側でも個人情報に関する記載ミスのチェックを行っております。あなたの側で既にビザの処理を済ませ、当社が適切な政府機関に申請を済ませている場合には、変更を受け付けている機関もありますが、受け付けていない機関もあります。申請にミスがあったことに気が付いた場合には、すぐに当社までご連絡ください(チャットが望ましいです)。
黄熱のリスクのある国から到着する際には、黄熱の予防接種の証明が求められる国もあります。更なる情報はここで参照できます:https://wwwnc.cdc.gov/travel/destinations/list 選択した国に旅行する前に、こういった規制を確認しておく事は旅行者自身の責任です。
インボイスをダウンロードするには、ご自分のアカウントへログインして、そこから直接ダウンロードしてください。
イーメールアカウントで電子ビザを再度印刷する事ができます。その代わりとしては、電子ビザをiVisaのアカウントを用いて回復および再印刷する事もできます。
はい。iVisaのシステムは会計処理の完了後はクレジットカード情報を維持しません。
すべてのビザは旅行者に当該国の通関手続地への渡航許可を与えるものです。入国許可が与えられるか否かは、通関手続地の入国審査官の裁量に依ります。

当社は、ご利用いただいている申請者の皆様が渡航やビザ取得に影響するかもしれない予期せぬ旅の計画の変更に直面する事がある事を理解しております。そういった理由から、当社は利用者の皆様がビザ申請のキャンセルと支払った金額の返金を求めるかもしれない事を理解しております。しかしながら、当社では以下の返金ポリシーのガイドラインに従った返金しか承認する事はできません:

  • 申請が当社のチームによって審査されていない場合や、政府の承認を得るために提出されていな場合には、iVisaの処理費用と政府関連費用(ビザ費用)の全額が返金されます。
  • 当社のチームによる申請の審査は完了しているが、政府の承認を得るために提出されていない場合は、政府関連費用(ビザ費用)が全額返金されます。
  • 申請が政府の承認を得るために提出されている場合や、ビザが既に発行されている場合には、残念ながら返金はなされません。

また、当社のポリシーは以下のような状況にも適用されます:

  • 当社の側で申請に誤りがあった場合には、iVisaの処理費用の100%が返金され、無料で再びビザの処理が行われます。
  • 迅速処理もしくは超迅速処理の手数料を支払っているにも関わらず、当社が合意された時間以内に渡航書類を提供できなかった場合には、iVisaから迅速処理もしくは超迅速処理の手数料が返金されます。
  • iVisaが合意された時間内に渡航書類を提供できなかった事を理由にして渡航できなかった場合には、政府関連費用とiVisaの処理費用の全額が返金されます。
    • 上記の状況の例外としては、当該政府が遅延の原因である場合や、到着予定日が当社の超迅速処理よりも前の日付であるような場合です。そういった場合には、iVisaの処理費用が返金されます。

何らかの理由から当社のサービスにご満足いただけなかった場合には、お気軽に当社までご連絡ください。合理的な状況下では、当社は将来の注文で使用するためのクレジットとしてiVisaの処理費用を返金いたします。

ビザが配送されなければならないときは、処理時間には配送時間は含まれていません。処理時間とは、当社が申請を受け付けてから承認が得られるまでの時間です。ほとんどのビザは(電子ビザ)は承認され次第イーメールで送信されるので、配送時間は関係ありません。
いいえ、当社はいかなる政府機関とも提携しておりません。当社は世界中の旅行者のために観光ビザの処理をする事に専門化した民間企業です。
残念ながら政府機関は判断理由を明らかにすることは無いので、当社がその理由を教える事はできません。
もしビザが承認されなかった場合は、どんな選択肢があるのかについての詳細を最寄りの大使館/領事館へ問い合わせる事をお勧めします。
当社はビザカード、マスターカード、アメリカンエキスプレス、そしてPaypalを取り扱っています。
当社のウェブサイトを通じてそういった地域から申請するすべての人々は、パスポートに規定されている国籍/市民権に基づいて申請が処理されます。例えば、プエルトリカからの旅行者はアメリカ国籍として申請が処理されるでしょう。この事は、2002年英国海外領土法に従ったBOTC(英国海外領土市民)の下にある旅行者には適用されません。
Need Help?