北朝鮮: ビザ情報

 
   
 
 
 
     
 

詳細: 訪問者の入国許可

更なる情報が近日公開!
申請に必要な書類
重要な指示

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

北朝鮮へのお出かけを計画中ですか?北朝鮮には見逃せない魅力的なスポットがたくさんあります。本記事では、北朝鮮観光に関するビザの基礎知識やおすすめ観光スポットをご紹介します。

北朝鮮観光にビザは必要?

必要です。しかし、現在日本と北朝鮮には国境がありませんので、中国から入国しそこでビザを取得する必要があります。北朝鮮のビザ申請に必要な書類は

・朝鮮査証申請書一通 ・カラー証明写真(縦4cm×横3cm)2枚 ・パスポート及びパスポ-トコピ-

となっており、中国で発行がなされます。

注意点としては、2011年3月以降に北朝鮮を訪れたものは北米ビザが免除されません。本来日本のパスポートを持つ者は、ESTA(電子渡航認証システム)の利用によりビザ取得が免除されていましたが、北朝鮮渡航経験者はESTA自体が利用できないということになります。

北朝鮮はどのような国ですか?

北朝鮮は、東アジアに位置する朝鮮半島北部を領域とする社会主義共和制国家。首都は平壌で、公用語は朝鮮語。およそ2500万人の人が暮らしています。

北朝鮮観光で見逃せないスポットは?

北朝鮮での観光には基本的にガイドがつきます。北朝鮮には歴史遺産、記念碑、博物館などの観光地があり、専用ガイドが解説をしながらそれらのスポットについて説明をしてくれる形です。

ガイドは旅行中、旅行者の安全を守るために付けられるものです。特に日本と北朝鮮は国境がなく、大使館もありませんので万が一の事態に備え、しっかりガイドと一緒に行動するようにしましょう。

北朝鮮観光の注意点は?

北朝鮮は核実験や弾道ミサイル発射を繰り返しています。そのため2019年11月現在、北朝鮮への渡航は目的のいかんを問わず自粛するよう、外務省が通告しています。

北朝鮮観光にお出かけの際は、外務省が運営する「外務省 海外安全ホームページ」で最新治安情報や渡航の可否などを確認することが可能です。渡航前には必ず確認するようにしてください。

詳細については「外務省領事サービスセンター」に問い合わせをすることで、確認できます。

北朝鮮観光を楽しもう!ビザはiVISAにお任せ!

今回は北朝鮮観光についてご紹介しました。北朝鮮への渡航は2019年11月現在、自粛しなければいけませんが、もし将来的に北朝鮮に渡航するようなことがあれば本記事を参考にしてください。

iVISAではオンラインビザの取得代行サービスを行なっています。北朝鮮以外の国への渡航の際はリーズナブルな価格でビザ取得サービスを行なっていますので、時間を節約し手間を省きたい方はぜひiVISAにお問い合わせください。