ミャンマービザの申請

ミャンマービザの申請
iVisa | 更新日: Mar 13, 2019

ミャンマーは観光の穴場。軍事的、治安的な理由から、過去、長きにわたって、ミャンマー(ビルマ)への渡航など考えることも難しい状態でしたが、情勢が安定したことで、この国はバックパッカーや旅人のための最高の観光大国となっています。かといって、決して、観光客が多すぎるわけではなく、「今だからミャンマー渡航」という考え方は、非常に理にかなっています。そんなミャンマーですが、この国に渡航するにはビザが必要です。そこで今回は、避けて通れないビザ申請について、わかりやすくご紹介したいと思います。

Myanmar

ミャンマービザの申請の仕方

観光で渡航する場合であっても、ビザの取得が義務付けられています。取得方法は大きく分けて2種類です。まずは、大使館(東京、品川のミャンマー大使館、または、大阪の西日本ビザセンター)で申請する方法。もう一つはオンラインから申請する方法です。ちなみに観光ビザで滞在できる期間は、4週間(28日)です。前者が最も一般的ですが、後者はその利便性から、新しい手段として注目を浴びています。このオンラインでのビザ申請は元々は英語のみだったのですが、最近、日本語化が完了したことで、旅人からは歓喜の声があがっています。とはいえ、手続きに不安がある人は、代行サービスを使うのが一番確実だと言えるでしょう。

以下でこの記事を共有:
Need Help?