Luxembourg: ビザ情報

 
   
 
 
 
     
 

詳細: ETIAS

更なる情報が近日公開!
申請に必要な書類
重要な指示

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

日本のパスポートをお持ちの方がルクセンブルクに入国する際、観光目的で90日間以内の滞在であればビザは必要ありません。ただし、パスポートの未使用査証欄1ページ以上が必要です。90日間以上の滞在の場合はビザが必要になりますので、事前に申請手続きを行いましょう。

ルクセンブルクは西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。首都はルクセンブルク市で人口はおよそ57万人です。ルクセンブルクの公用語はフランス語、ドイツ語、ルクセンブルク語で、英語は空港やホテルなど観光客が集まる場所で使うことができます。ルクセンブルクと言えば仔牛肉と豚肉のパテを包んだ円いパイ「パテ・オ・リースリング」や、香辛料たっぷりのソーセージ「レッツブルガー・グリルヴォシュト」が有名。どちらもルクセンブルクの名物料理ですので、ルクセンブルクに行ったらぜひ楽しんでみてください。

ルクセンブルクで見逃せない観光スポットは3つあります。それは、ノイミュンスター修道院文化会館、ルクセンブルク市立歴史博物館、そしてノートルダム大聖堂です。

ノイミュンスター修道院文化会館は、1606年に建設された修道院。病院施設や刑務所として使われ、現在では演劇やコンサートを行うなど文化センターのような使われ方をしています。行われるジャズのコンサートは観光客にも人気。場所はボックの砲台から見下ろした所にある地区「グルント地区」にあります。

ルクセンブルク市立歴史博物館はルクセンブルク市の旧市街地にある博物館。1996年に開館し、1000年にもわたるルクセンブルク市の歴史を学ぶことができます。毎週月曜日は定休日となっていますので注意しましょう。

ノートルダム大聖堂は尖塔が特徴的なルクセンブルク市の教会。ミサの様子を見ることができたり、内部の美しい調度品を眺めることができたり、とてもおすすめです。

ルクセンブルクの治安は比較的安定していますが、近年薬物による問題が発生していますので注意が必要。観光客を狙ったスリやひったくりの事件も起きていますので、特にルクセンブルク中央駅からルクセンブルク市中心にかけての地域を歩くときは気をつけましょう。最新の治安情報については外務省が運営する海外安全ホームページを参考にしてください。

現在、日本とルクセンブルクを結ぶ直行便はありません。日本からはヨーロッパ主要都市まで11~12時間かけて向かい、そこからルクセンブルクまでは1時間程度行くことができます。ルクセンブルクはさまざまな国の文化が融合した独特の魅力がある国。ぜひ次のお休みに訪れてみてはいかがでしょうか。