ラトビアのビザについて

 
   
 
 
 
     
 

詳細: シェンゲン・ビザ

更なる情報が近日公開!
申請に必要な書類
重要な指示

ラトビアという国をご存知でしょうか?聞いたことはあるけど、実際にどのような国かは知らないという人も少なくないでしょう。ラトビアはエストニアとリトアニアと共に、バルト三国を構成するヨーロッパの国です。北からエストニア、ラトビア、リトアニアというように隣接しています。この全ての国をまとめて旅行するという人もいるかもしれませんが、今回はラトビア一国についてのビザの要件をご紹介したいと思います。

ラトビア旅行にビザは不要

ラトビアを観光目的で訪れる際にはビザは必要ありません。これはラトビアがシェンゲン協定に加盟しているためです。日本とラトビアで直接の関係が結ばれているというよりもヨーロッパの複数国とまとめてビザ関係の簡素化が実施されているとお考えください。6ヶ月のうちに合計90日までビザ免除でラトビアに滞在することができます。前述の通り、これはシェンゲンのシステムに準拠しているので、他のシェンゲン協定加盟国に入国した日からこの日数の制限がカウントされます。ですので、旅全体でのシェンゲン協定加盟国滞在日数に気をつけるようにしてください。併せてパスポートについても注意が必要です。日本出国前にパスポートの残存期間が十分であることを確認しておきましょう。具体的には、シェンゲン協定加盟国から出国する際に3ヶ月以上の残存期間が必要となります。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです