今すぐカリーニングラードの電子ビザをオンラインでゲットしましょう!

 
   
 
 
 
     
 

詳細: Kaliningrad eVisa

最近、ロシア外務省は53の国々の市民のために電子ビザを導入しました。この電子ビザによって、渡航者は観光もしくはビジネスを目的として同国に入国する事ができ、カリーニングラードに侵入した日時から最大で8日間滞在できるようになりました。カリーニングラードの電子ビザの申請プロセスは非常にシンプルで100%オンラインです。いったん申請が提出され受理されれば、申請者には到着時に提示する必要がある上陸許可が交付されます。そうです、それくらいシンプルなのです。

この電子ビザシステムは世界中のどこからでもビザに申請できるオンラインの手法です。このシステムの渡航者にとっての利点は、いつでもどこからでもインターネットを通じて素早くビザの申請ができる事です。支払いは申請時にオンラインでなされます。

申請に必要な書類
  • 現在の有効なパスポート

  • 渡航の日時

  • 直近の3ケ月に撮影されたデジタル写真

  • クレジットカード/デビットカードもしくはPayPalのアカウント

重要な指示
  • 渡航者のパスポートには到着した時点から少なくとも6ケ月間の有効期限と、スタンプを押すための1ページ以上の空白のページがなければなりません。

  • 申請者は入国した日時から最大で8日間カリーニングラードに滞在する事ができます。

  • カリーニングラードの電子ビザの有効期限は発行後の30日間だけです。

  • カリーニングラードのためのビザを所持していても同地域への侵入が自動的に許可されるわけではありません。当該人物が入国のための要件を満たす事ができなかったり、同人物がカリーニングラードにいる事によって国益や安全保障に反する場合には、通関手続地の入国管理官が侵入を拒否する可能性があります。

カリーニングラードの電子ビザは同地域へ以下の通関手続地から侵入する渡航者だけが利用できます:

  • カリーニングラード空港(フラブロヴォ)

  • マモノヴォ鉄道駅

  • ソヴィエツク鉄道駅

  • バグラティオノフスク陸路

  • グセフ陸路

  • マモノヴォ陸路(グジェホチキ)

  • マモノヴォ陸路(グロノヴォ)

  • モルスコエ陸路

  • ポグロニチ陸路

  • ソヴィエツク陸路

  • チェルニシフスコエ陸路

  • カリーニングラード港

  • カリーニングラード港-バルティスク

  • カリーニングラード港-スヴェルトルイ

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

カリーニングラードの電子ビザとは、渡航者が観光目的でロシアのカリーニングラード地域に侵入し、同地域内を行き来するために必要な公的書類です。
申請の際は以下のものが必要になります: 有効なパスポート 直近の3ケ月に撮影された写真 渡航の日時 クレジットカード/デビットカードもしくはPayPalのアカウント
カリーニングラードの電子ビザ自体には費用は掛かりませんが、処理手数料が必要となり、標準的な処理には25USDがかかります。迅速処理と超迅速処理のサービス手数料は、それぞれ35USDおよび50USDです。
お選びになる処理時間によって異なります。当社では以下の3つのオプションを提供しています:
  • 標準処理: 最大9日
  • 迅速処理: 最大7日
  • 超迅速処理: 最大5日
この電子ビザは発行後の30日間有効で、1回侵入する事ができ、侵入後は8日まで滞在できます。
渡航書類は電子ビザが失効してから少なくとも6ケ月間有効でなければなりません。また、パスポートにはスタンプを押すための空白のページが1ページ以上なければなりません。
カリーニングラードの電子ビザで侵入できるのは30日の有効期間の間に1回だけで、侵入後は8日間まで滞在できます。
渡航者はカリーニングラードに出発する5日前までにはビザを申請しなければなりません。
いいえ。 カリーニングラードの電子ビザを所持していても自動的に同地域への侵入が許可されるわけではありません。当該人物が入国のための要件を満たす事ができなかったり、同人物のカリーニングラードでの存在が国益や安全保障に反する場合、通関手続地の入国管理官が侵入を拒否する可能があります。
カリーニングラードに到着した際には、パスポートと共にカリーニングラードのを提示する必要がありますが、これは印刷したものであっても、スマートフォンで表示したものであっても構いません。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

以下のリンクから詳細をご確認ください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

  • アンドラ
  • オーストリア
  • バーレーン
  • ベルギー
  • ブルガリア
  • 中国(台湾を含む)
  • クロアチア
  • キプロス
  • チェコ共和国
  • デンマーク
  • エストニア
  • フィンランド
  • フランス
  • ドイツ
  • ギリシャ
  • ハンガリー
  • アイスランド
  • インド
  • インドネシア
  • イラン
  • アイルランド
  • イタリア
  • 日本
  • クウェート
  • ラトビア
  • リヒテンシュタイン
  • リトアニア
  • ルクセンブルク
  • マレーシア
  • マルタ
  • メキシコ
  • モナコ
  • オランダ
  • 北マケドニア
  • ノルウェー
  • オマーン
  • フィリピン
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • カタール
  • ルーマニア
  • サンマリノ
  • サウジアラビア
  • セルビア
  • シンガポール
  • スロバキア
  • スロベニア
  • スペイン
  • スウェーデン
  • スイス
  • 北朝鮮
  • トルコ
  • バチカン市国
カリーニングラードは45万人が住むロシアの飛び地です。この地域の歴史は13世紀までさかのぼり、近年はUEへのアクセスによってますます発展を遂げています。その中心都市は、最大のサッカーイベントである2018年のFIFAワールドカップの期間中の主な宿泊地の1つとして人々に利用されました。最も有名な観光地の1つではないかもしれませんが、観光客を引き付けるような独特の魅力があります。 カリーニングラードを訪れる上で最高の時期は夏です。6月から8月の間は、20℃から25℃という人々を歓迎するかのような気候になっています。秋になると気温は10℃まで低下しますが、それほど悪くはありません。ですが、冬になると零下11℃まで下がる事もあります。確かに寒くなりますが、ロシアと聞いて想像するほどではありません。 天気は変わりやすいので、防水の靴と傘を持って行く事をお勧めします。バルト海が近いので湿度が高くなっています。濡れないようにだけしておけば天候は我慢できる程度のものでしょう。 カリーニングラードに侵入するために何が必要かと言えば、間違いなくビザです。ロシアは寛大なビザ政策で有名ではありませんが、今後数年間でこれも変わっていきそうです。少なくとも当社はそう聞かされています。それまでは、カリーニングラードはロシア連邦の一部なので、ほぼすべての渡航者がビザを取得する必要があります。もしロシアの他の地域も訪問するつもりなら、ロシアから出国し、また入国する必要があるので、少なくとも2回入国できるビザがひるようになるという事を憶えておきましょう。モスクワからサンクトペテルブルクまで国内線に乗るなら、1回入国ビザで十分でしょう。 2017年1月までは、特別なカリーニングラードのビザが利用できましたが、もはや利用する事は出来ません。このビザは短期の到着ビザでした。ですが、このシステムは無くなってしまったので、全ての渡航者がロシアのビザを申請しなくてはなりません。 多くの渡航者が飛行機でカリーニングラードに到着します。カリーニングラードのフラブロヴォ空港は首都から僅か16㎞の位置にあります。また、電車で来る事もできますが、時間には非常に気を付ける必要があります。全ての列車はモスクワ時間で出発しますが、これはカリーニングラードの時間よりも1時間前の時間になっています。ですから、17:30に乗らなければならないとします。その場合、列車は16:30に出発するという事です。 また、車を使う事もできますが、インフラが整っていない事もあるという事は憶えておきましょう。道路の整備が必ずしもされているわけではありませんし、全く標識の無い地域もあります。GPSシステムが無ければ簡単に道に迷ってしまうでしょう。 カリーニングラードで訪問すべき場所に関しては、時間をかけてこの地域の歴史を学んでおくべきでしょう。第1に、カリーニングラードの大聖堂はこの都市の名所の1つです。これはこの地域とドイツとの繋がりを示した建築物です。プロイセンの王様が治めていました。この大聖堂の中にある博物館には、かの有名なドイツ人哲学者のエマニュエル・カント専用の部屋が2つあり、彼はこの地に埋葬されています。 ソビエトの家は、もう1つの有名な観光地です。現地の人々はこの建物を「モンスター」と呼んでいます。この建物はケーニスベルク城の跡地に建設されていますが、構造的に不安定だとされているため誰も住んだ事はありません。オーナーが誰かは分かっていませんが、取り壊すつもりは無いようです。 歴史的な建物以外でも漁村にも訪れる価値があります。赤い屋根の家々や非常にカラフルな外観が有名です。こういった村はケーニヒスベルクというカリーニングラードの名前の由来となった古い地域の魅力を今も残しています。もちろん本当に美味しい魚を味わう機会もあります。そして新鮮です。 カリーニングラードでできる楽しい活動についても、この都市には多くの機会があります。ヒントを見つけたり、パズルを解いたり、鍵を探したりして部屋から抜け出すというエスケープ・ルームも数多くあるので試してみましょう。もしかしたらもう試してみた事があるかもしれません。 自然を楽しみたいなら森林にトレッキングに行ってみましょう。素晴らしい植物や動物たちを見る事ができる手つかずの自然に触れ合う事ができます。バルト海に釣りに行く事もできます。カリーニングラードでは季節に関係なく釣りを楽しむ事ができます。 宿泊施設に関しては何の心配もありません。3つ星や4つ星のホテルが数多くありますが、予算が限られていても宿を見つける事はできます。お手頃な価格でちゃんとした部屋を提供しているホテルが数多くあります。 地元の料理は食べた事がないようなものかもしれませんが、欧米の料理を提供している場所も豊富にあります。ですが、現地の料理を試してみる事をお勧めします。結局、新しい文化に触れるなら、食べ物はその重要な一部のはずです。 カリーニングラードで安全に関する心配はありません。重大な事例が報告された事はありません。ですが、世界中のどのに行くにしてもスリには注意しましょう。宝石などを見せびらかしたり、多くの現金を持ち歩かないようにする事をお勧めします。電子機器にも気を配っておきましょう。 カリーニングラードの人々は一般的に歓迎してくれます。彼らは観光客になれていますし、特に2018年FIFAワールドカップ以降はその傾向が強まっています。最高のおもてなしをしてくれるでしょう。コミュニケーションに関しては少々問題があるかもしれません。公用語はロシア語です。若い世代なら英語ができるかもしれませんが、カリーニングラードの僻地に行くつもりなら、いくつかロシア語を憶えていく事をお勧めします。基本的なフレーズを憶えておけば役に立つでしょう。ロシア語は簡単に覚えられる言葉ではないので、インターネットに接続したスマートフォンをいつも持っておきましょう。そうすれば翻訳に役立つ何かがあるはずです。 結論としては、カリーニングラードは一般的な観光地ではないかもしれませんが、訪問する価値はあります。興味深い観光地や楽しい活動が豊富にあります。ですから、ビザをゲットして、飛行機に飛び乗って、カリーニングラードにあるものを見てみましょう。間違いなく素晴らしい時間を過ごせるはずです。

カリーニングラード観光へのお出かけを計画中ですか?カリーニングラードには見逃せない魅力的なスポットがたくさんあります。本記事では、カリーニングラード観光に関するビザの基礎知識やおすすめ観光スポットをご紹介します。

カリーニングラード観光にビザは必要?

必要です。ロシア政府は2019年7月より、カリーニングラードにおけるeビザの運用を開始しました。大使館を訪れることなくカリーニングラードのビザをオンラインで取得することが可能で、iVISAではカリーニングラードeビザの取得代行サービスを行なっております。

カリーニングラード観光ビザは有効期限が30日で最大8日間滞在することができます。 iVISAに依頼した場合の費用は、9日で$25(ビザ無料、手数料$25)、7日で$40(ビザ無料、手数料$40)、5日で$50(ビザ無料、手数料$50)となっています。

また、ロシア政府は2021年までにカリーニングラード観光ビザの最大滞在可能日数を8日から16日に延長することを発表しています。今後はカリーニングラード観光ビザの最大滞在可能日数が変わる可能性もあると言えるでしょう。

カリーニングラードはどのような場所ですか?

カリーニングラードはロシア西部にありますが、ポーランドとリトアニアに挟まれている飛び地となっています。公用語はロシア語で、ロシア人の他にもベラルーシ人やクライナ人なども暮らしています。

カリーニングラード観光で見逃せないスポットは?

カリーニングラードに行ったら必ず見ておきたいのは「水の都」とも呼ばれるその美しい街並みです。大聖堂や博物館など、ひとつひとつの建物が中世の歴史をそのまま現代に伝える歴史的建造物となっており、まるで中世の時代にタイムスリップしたかのような感動を味わうことができます。

カリーニングラード観光の注意点は?

カリーニングラードは比較的治安が安定しており、テロや銃撃事件などはおきていません。しかし、ひったくりや置き引きなどの軽犯罪に注意する必要はあるでしょう。カリーニングラード観光にお出かけの際は、外務省が運営する「外務省 海外安全ホームページ」で注意喚起や勧告が出されていないかを確認するようにしてください。

カリーニングラード観光を楽しもう!ビザはiVISAにお任せ!

今回はカリーニングラード観光についてご紹介しました。カリーニングラード観光に行く際にはビザが必要になりますが、iVISAではオンラインビザの取得代行サービスを行なっています。リーズナブルな価格でビザ取得サービスを行なっていますので、時間を節約し手間を省きたい方はぜひiVISAにお問い合わせください。