アイルランド: ビザ情報

 
   
 
 
 
     
 

詳細: ETIAS

更なる情報が近日公開!
申請に必要な書類
重要な指示

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

日本のパスポートをお持ちの方がアイルランドを訪れる場合、観光目的で90日間以内の滞在であればビザは必要ありません。ただし90日間以上の滞在を希望する場合は入国管理局または警察署にて外国人登録が必要ですので、現地で申請手続きを行いましょう。

アイルランドは北西ヨーロッパに位置する立憲共和制国家。首都はダブリンで人口はよそ450万人です。アイルランドの公用語はアイルランド語で、英語もアイルランド語と共に公用語となっていますので、基本的にどこでも通じます。アイルランドと言えばマトン肉と玉ねぎ、人参、じゃがいもなどを一緒に煮込んだシチュー「アイリッシュシチュー」やジャガイモのパンケーキ「ボクスティ」が有名。どちらもアイルランドを代表するグルメですので、旅行に行ったらぜひ楽しんでみてください。

アイルランドで見逃せない観光スポットは3つあります。それは、ダブリン城、聖パトリック大聖堂、それからブルー・ナ・ボーニャ−ボイン渓谷の遺跡群です。

ダブリン城はダブリンの旧市街中心部のデイム・ストリートにあるお城。ダブリン城には1922年までイギリスの総督府が置かれていましたが、現在では文化センターのような使われ方をしており一般の人も入ることができます。内部の調度品やステンドグラスはまさに言葉を失うほど美しく、アイルランドの歴史と文化を感じることのできる観光スポットだと言えるでしょう。

聖パトリック大聖堂はダブリンにあるアイルランド最大の教会です。14世紀初めから16世紀初めまでは、アイルランドで最初の大学としても使用されていました。1191年に創設されたこの大聖堂には800年以上の歴史が凝縮されています。静かで神聖な雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ブルー・ナ・ボーニャ−ボイン渓谷の遺跡群は、アイルランド東部に位置するアイルランド最大の先史遺跡です。大型石室墓であるニューグレンジに入るにはガイドが必要ですので、ダブリンから出発するツアーに参加するのが良いでしょう。

現在アイルランドに関する外務省からの危険情報は出ていませんが、スリやひったくりなどの軽犯罪には十分な注意が必要です。観光の際は、貴重品に十分注意するようにしましょう。最新の治安情報については外務省が運営する海外安全ホームページを参考にしてください。

アイルランドと日本を結ぶ直行便は現在ありませんので、ロンドンやパリなどまで行き、そこから乗り継ぐ必要があります。アイルランドは美しい歴史的建造物や羊肉を使った料理が楽しめる魅力的な国です。ぜひアイルランド観光を楽しんでください。