インドビザ申請に関わるパスポート残存期間

インドビザ申請に関わるパスポート残存期間

iVisa | 更新日: Mar 12, 2019

インドは魅惑の国。宗教、文化、言語、食、人柄…どれを取ってもユニーク。人生観が変わる国とよく言われており、インドは他の国にはない価値観を誇ります。そんなインドを訪れる上で絶対に欠かせないもの。それはビザ。観光であれ商用であれ、必ずビザを取得する必要があります。そこで今回はインドのビザについて必ず知っておくべき情報をご紹介します。

Alt Text

パスポートの残存期間について

当然、ビザの申請時にはパスポートを提出することになります。例えば、大使館や領事館で申請をすると、ビザはパスポートに貼り付けられた状態で受け取ります。書類や写真にあわせて注意すべきはパスポートの残存期間です。パスポートは必ず、6ヶ月以上の残存期間があることを確認してください。インドのビザ申請に限らず、あらゆる国のビザ申請時にこれが求められます。パスポートの残存期間を指定するのは、海外滞在中にパスポートの期限が切れてしまうのを防ぐためです。さらに、パスポートについて重要な点をもう一つ。必ず、2ページ以上の空白ページを確保しましょう。これはビザを貼ったり、スタンプをパスポートに押したりするのに十分なスペースを保持するために欠かせない要件です。パスポートはよく見逃してしまいがちなポイントですので、改めて意識するようにしてください。

以下でこの記事を共有::
Need Help?