以下で特集:

インドの「Visa on arrival」

インドの「Visa on arrival」
iVisa | 更新日: Mar 12, 2019

インドのビザは正直複雑。ルールは厳しく、ちょっとのミスでもやり直しが要求されます。さらに、細かな規則が頻繁に、事前の発表なしに変わることから、継続的な新しい情報の獲得も必須となります。以前にインドビザを取得した人でさえ、油断できません。インドのビザを今まで一度も申請したことがない人は尚更です。今回はあらゆるインドビザの中でも、一番「事前の準備が少なくて済む」選択肢をご紹介したいと思います。

Alt Text

「Visa on arrival」とは

「Visa on arrival」とは、空港に到着した時にその場で申請、取得することのできるビザのことです。Arrivalは「到着」を意味します。通常のビザは、大使館や領事館で申請し、後日受け取ることになりますが、Visa on arrivalは、そのような書類の準備や、該当する公館と自宅との行き来が無いことで、幾分、シンプルな選択肢だと言えるでしょう。この種類のビザは通常、アライバルビザと呼ばれ、インドのビザに限らず、他にもいくつかの国が採用しています。インドのアライバルビザは、基本的に、前もって書類を準備する必要はありません。しかし、もらえるビザの有効期間が通常よりも短くなること、さらに、取得できる空港に限りがある(全ての空港で、このアライバルビザを取得できる訳ではない)ことから、前もって、この点についてしっかりと注意する必要があります。

以下でこの記事を共有:
Need Help?