今すぐオンラインでジブチビザを申請しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: 観光電子ビザ

ジブチの入国管理局は最近、全ての国の市民に従来の紙面のビザの代わりに電子ビザを取得できる機会を与えるシステムを導入しました。この観光電子ビザによって、渡航者は観光もしくはビジネスを目的として同国に入国でき、最大で90 エントリーあたりの日数 まで滞在できるようになりました。この新システムは非常にシンプルで100%オンラインです。いったん申請が提出され受理されれば、電子ビザの承認状が送付され、これは印刷し、到着時に入国管理官に提示する必要があります。そうです、それくらいシンプルなのです。

この電子ビザシステムは世界中のどこからでも申請と支払いができるオンラインの手法です。

申請に必要な書類
  • 申請者の写真

  • パスポートの個人情報のスキャン

  • 航空会社の確認

  • 宿泊施設の証明

  • Selfie holding the physical credit card used for the transaction is needed to verify payment. Only the last 4 digits of the credit card must be visible in the picture. Only one image is needed per order. (該当する場合)

重要な指示
  • ジブチの観光電子ビザを利用すれば、申請者には交付されたビザに応じて、1回入国 の入国と最大で 90 エントリーあたりの日数, までの滞在が許可されます。

  • この電子ビザは、渡航の目的が観光、ビジネス、もしくは乗り継ぎである場合に発行されます。就労や就学などの他の目的には大使館や領事館で取得する必要がある従来のビザが必要になります。

  • ジブチに到着した際には、パスポートと共に印刷した観光電子ビザを提示する必要があります。渡航者は到着時点から少なくとも6ケ月間の有効期間があるパスポートを所持している必要があります。

  • このジブチの観光電子ビザは、ジブチ国際空港を通じて入国するつもりの渡航者にのみ利用する事ができます。

  • 旅行書類入手のために宿泊の証明が必要です。この書類に記載されている日付は、申込書で選択された旅行日付と一致している必要があります。これは政府により旅行書類を発行するための必要事項となります。

  • ジブチの観光電子ビザを所持していても自動的に入国が許可されるわけではありません。当該人物が入国のための要件を満たす事ができなかったり、同人物の存在がジブチの国益や安全保障に反する場合、通関手続地の入国管理官が入国を拒否する可能性があります。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

ジブチの観光電子ビザとは、従来の紙面のビザを申請する事なく、ジブチ共和国に入国し特定の期間滞在できる渡航認可です。
申請の際は以下のものが必要になります:
  • パスポートの個人情報のページのコピー
  • パスポートの写真
  • 航空券/旅程表
  • ホテルの予約もしくはジブチ国内のホストの招待状
  • クレジットカード/デビットカードもしくはPayPalのアカウント

このビザの費用は滞在期間によって異なります:

  • 1-14日間:JPY 1,393.00
  • 15-90日間:JPY 2,669.00

加えて、処理時間に応じてサービス手数料も異なります:

  • 標準処理:JPY 2,321.00
  • 迅速処理:JPY 4,642.00
  • 超迅速処理:JPY 6,963.00

選択した処理時間に応じて異なります。当社では以下の3つのオプションを提供しています:

  • 標準処理:9 Business Days (営業日)

  • 迅速処理:7 営業日 (営業日)

  • 超迅速処理:6 営業日 (営業日)

*注意: ジブチの営業日は日曜日から木曜日です。

ジブチの観光電子では以下の有効期間が与えられます:

  • 1-14日の滞在もしくは乗り継ぎ
  • 15-90日の短期滞在

ジブチの観光電子ビザの有効期間は同国に入国した時点から開始されます。ですが、この電子ビザの有効期間は滞在期間と同一ではありません。電子ビザに記載されている期間を超えて滞在する事は出来ない事にご注意ください。電子ビザに記載されている日時の後に入国した場合でも、電子ビザに記載された期間内に同国から出国する事ができます。

渡航書類は観光電子ビザが失効してから少なくとも6ケ月間有効でなければなりません。
渡航目的が家族との面会や、観光、もしくはビジネスである限り、全ての国の市民がジブチの観光電子ビザを申請する事ができます。シンガポールのパスポート保持者はビザ無しでジブチに入国する事ができます。
ジブチの観光電子ビザで入国できるのは1回だけです。
渡航者はジブチ共和国への渡航の少なくとも3日前にはこの電子ビザを申請する必要であります。
いいえ。従来のジブチの観光ビザと同様に、電子ビザでも入国は保証されません。承認された電子ビザは単に上陸の許可でしかありません。到着時のチェックの終了した際に訪問者を入国させるかそうかは同国の入国管理官の裁量次第です。
ジブチに到着した際には、パスポートと印刷した観光電子ビザを提示する必要があります。

ジブチ観光へのお出かけを計画中ですか?ジブチには見逃せない魅力的なスポットがたくさんあります。本記事では、ジブチ観光に関するビザの基礎知識やおすすめ観光スポットをご紹介します。

ジブチ観光にビザは必要?

必要です。ジブチ観光ビザは有効期限が30日で最大30日間滞在することができます。ジブチのオンラインビザ取得が可能で、iVISAではオンラインビザ代行取得サービスを行なっております。iVISAに依頼をすることで、わずらわしい手続きを避けることができ、時間を節約することができるでしょう。

iVISAに依頼された場合の費用は、7日で$35(ビザ$12、手数料$20)5日で$52(ビザ$12、手数料$40)3日で$72(ビザ$12、手数料$60)です。ジブチのビザは少なくとも渡航の3日前までに取得する必要がありますので、渡航予定のある方はお早めにお手続きください。

ジブチはどのような国ですか?

ジブチはアフリカ北東部にある共和制国家です。首都はジブチ市で、公用語はアラビア語とフランス語。ジブチにはおよそ90万人の人が暮らしています。

ジブチ観光で見逃せないスポットは?

ジブチはアフリカの角(corn of Africa)と呼ばれる沿岸沿いにある国で、エメラルドグリーンの海を見ることができます。世界で3番目に大きい塩湖であるアッサル湖や、エチオピアとの国境地帯にある大バラ砂漠では5000年前のキリンの画を見ることができます。

ジブチには地球のダイナミックな魅力を楽しめる観光スポットがたくさんありますので、自然を楽しみたい方にはぴったりだと言えるでしょう。

ジブチ観光の注意点は?

ジブチの治安は比較的安定しています。しかし、ジブチと隣国エリトリア間では交戦がおきており危険な状態が続いています。エリトリア国境地帯では2ヶ国間で停戦状態となっていますが国同士の対立があるため非常に危険ですので、この地域への渡航は避けましょう。

また、2014年にはジブチ市内で自爆テロが起きており、事件以来ジブチ当局による厳重な警戒が続いています。人が多く集まる場所では十分注意するようにしましょう。ジブチ観光にお出かけの際は、外務省が運営する「外務省 海外安全ホームページ」を確認するようにしてください。

ジブチ観光を楽しもう!ビザはiVISAにお任せ!

今回はジブチ観光についてご紹介しました。ジブチ観光に行く際にはビザが必要になりますが、iVISAではオンラインビザの取得代行サービスを行なっています。リーズナブルな価格でビザ取得サービスを行なっていますので、時間を節約し手間を省きたい方はぜひiVISAにお問い合わせください。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

詳細については以下のリンクをクリックしてください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf