今すぐオンラインでバーレーンビザを申請しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: 観光客電子ビザ

2014年10月、バーレーンの内務省(国籍・旅券・居住総局)は100か国以上の国民がオンラインでビザを取得できる電子ビザシステムを導入しました。2016年2月、バーレーンは同国の新ビザ政策の第3段階の象徴として、アフリカの11の国々からの訪問者のための電子ビザを導入しました。

この電子ビザシステムは世界中どこからでも入国できるビザを申請するためのオンラインの手法です。この電子ビザによって、渡航者はいつでもどこからでもインターネットを介して素早く申請できるようになり、ビザ申請時にオンラインで簡単に支払ができるようになりました。申請が承認された後は、携帯するためにこの書類を印刷しておく事をお勧めしています。バーレーンに到着した際には、電子ビザは入国管理官によってアクセスする事ができるようになっています。

申請に必要な書類
  • 申請者のパスポートの写真ページのコピーと、インドのパスポートの場合は最後のページのコピー。

  • 帰国の航空券のコピー。

重要な指示
  • バーレーンの電子ビザは発行後3数カ月間有効です。

  • ビザのページの有効期限は最初の入国のためだけのもので、入国後は完全な有効期間を過ごす事ができます。

  • このバーレーンの電子ビザは数次入国ビザで、1回の入国あたり最大で30日間滞在できます。

  • 申請者はこのビザを申請する際はバーレーン国外にいなければなりません。

  • バーレーンへは空港から入国しなければなりません。このビザはキング・ファハド・コーズウェイを通じたバーレーンへの入国には使用できません。

  • 旅行書類入手のために宿泊の証明が必要です。この書類に記載されている日付は、申込書で選択された旅行日付と一致している必要があります。これは政府により旅行書類を発行するための必要事項となります。

  • バーレーンを出国するための確認された航空券を持っていればなりません。

  • 滞在期間中の費用を自ら賄う事ができなければなりません(同行する被扶養者を含む)。

  • このビザの有効期限は、この電子ビザでバーレーンに入国できる最後の日付です。

  • バーレーンに入国する前にビザが失効した場合には、申請者は再度申請しなければなりません。

  • ビザを使用するか、期限を満了しない限り、新たなビザを申請する事はできません。(1つのパスポートで1度に2部以上のビザを取得する事はできません)。

  • 訪問の目的は観光、ビジネス、もしくは投資でなければなりません。

  • バーレーン訪問中に就労する事はできません。

  • パスポートはバーレーンでの滞在期間、もしくはビザの有効期間のいずれか長いほうと同等以上の有効期間がなければなりません。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

このビザはバーレーンへの出入国に関する承認を与える公式の書類で、パスポートに電子的に結び付けられています。

あらゆる国籍の申請者は以下の物を提出する必要があります:

  1. 申請者のパスポートの写真ページのコピーと、インドのパスポートの場合は最終のページのコピー。
  2. 帰国の航空券のコピー。

いくつかの国の申請者には、以下のものも必要になります:

  1. バーレーンでのホテルの予約のコピー。その代わりとして親類の所に滞在する場合には、彼らのCPRリーダー(身分証明カード)のコピーをご提供ください。
  2. 少なくとも300バーレーン・ディナール(~800バーレーン・ディナール)の期末残高のある直近3ヶ月の訪問者の名前の銀行取引明細書のコピー。

ビザのための完璧な写真の撮影方法: 動画ご覧ください

必要書類のための 完璧な写真の撮影方法: 動画ご覧ください

バーレーンの電子ビザの費用は79米ドルです。それ加えて標準的な処理に含まれる35米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには65米ドルがかかり、さらに早くするには100米ドルかかります。
選択した処理方法に依ります。次の3つの選択肢があります:
  1. 標準的処理時間:10営業日。
  2. 迅速処理:05営業日。
  3. 超迅速処理:03営業日。
このバーレーンの電子ビザは発行後3ヶ月有効です。しかしながら、発行後30日以内に使用しなければならず、さもなければ無効になります。
パスポートはバーレーンでの滞在期間、もしくはビザの有効期間のいずれか長いほうと同等以上の有効期間がなければなりません。また、少なくとの1ページ以上の空白のページが必要です。
特定の国の市民は必要な基準を満たしていれば、このバーレーンの観光電子ビザに申請する資格があります。お住いの国のビザ要件を参照するには、このページの最上部へスクロールしてください。
申請が承認されなかった場合には当社がイーメールで通知いたします。その場合は、最寄りのバーレーン大使館に連絡しなければなりません。
このバーレーンの電子ビザは数次ビザですが、1回の入国で許されている滞在期間は30日間までである事にご注意ください。
1回の訪問当たりの最大の滞在期間は30日間です。イギリスとアイルランド国民は最大で3ヶ月(90日間)まで滞在できる事にご注意ください。
いいえ。このバーレーンの電子ビザは同国への入国の前に取得しなければなりません。
このバーレーンの電子ビザを持っていれば、発行日から3ヶ月以内とされている有効期間の間なら、何度でもバーレーンに渡航することができます。各入国における最大滞在期間は30日間です。
電子ビザの有効期間は承認された電子ビザ書類に規定された日付から開始されます。この有効期間内ならいつでもバーレーンに入国できます。
現行の電子ビザが失効するまでは、同一のパスポートで新たな電子ビザを取得する事はできません。もし現在の有効な電子ビザを含むパスポートを紛失してしまった場合は、必要な費用を支払う事で新たなバーレーンの電子ビザを申請する事ができます。
バーレーンの電子ビザへの申請を済ませている場合は、現在の状態を確かめるためにこのサイトを通じて調べる事ができます。この調査をして、必要な場合にETAを更新するには、ログインする必要があります。
  • バーレーン国外にいなければなりません。
  • 有効なパスポート書類を所持していなければなりません。
  • 帰国の航空券を所持していなければなりません。
  • バーレーン滞在期間中の費用を自ら賄う事ができなければなりません。
  • バーレーン国民の安全と福祉を侵害してはなりません。
  • 承認後30日以内にバーレーンの電子ビザを使用しなければなりません。
  • 新たなビザを申請するためには、以前のビザを使用するか、有効期間を満了しなければなりません。
はい、バーレーンに入国したらNPRA(国籍・旅券・居住総局)を訪問し、詳細情報を問い合わせてください。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

詳細については以下のリンクをクリックしてください: https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

バーレーンを訪問するには荷物の準備以上にしなければならない事があります。恐らく入国するためには出発前に適切な書類を準備する必要があるでしょう。さもなければ飛行機に搭乗する事すらできないでしょう。幸いな事に、バーレーンには厳しいビザのルールは無く、あなたには選択肢があります。このビザのルールに関して言えば、渡航者は出身国に基づいて4種類に分類されています。運が良ければ、あなたの国にはビザが免除されているかもしません。もしくは同国に到着するだけでビザが取得できるかもしれません。1つめのカテゴリーは、ビザ免除国家からの渡航者です。世界のすべての国にはビザ免除の対象国があります。条約や協定の結果として、いくつかの国々はパスポートや単純な国のIDカードだけでお互いの市民が国境を行き来する事を許可しています。常に対象国は限られており、いくつかの条件が適用されますが、バーレーンの場合はルールは至ってシンプルです。クウェート、オマーン、サウジアラビア、そしてアラブ首長国連邦の市民のみがビザなしでバーレーンの国境を超える事が許可されているようです。対象国の国民に必要なものは国のIDカードだけです。2つめのカテゴリーの渡航者は、オンラインでのビザが申請できる、もしくはバーレーンへの到着時にビザの発行を受けられる人々です。基本的にこれらの国の人々は、その時点での都合に応じて到着ビザと電子ビザのいずれかから選択する事ができる恩恵にあずかっています。このカテゴリーに属している場合は、都合の良い方法がない事を知っておくべきでしょう。お気づきかもしれませんが、この2つのいずれを取得するにせよ、手続きは非常にシンプルです。もちろんオンラインのプロセスのほうが窓口に並ぶよりも遥かに簡単なので、電子ビザをお勧めしますが、結局は好みの問題です。世界の国々のほとんどがこのカテゴリーに属し、多くの人々はかかる時間と労力が非常に少ない事から電子ビザを好んでいます。これは完全に理解できます。自宅から申請する事ができ、たった数日でビザを取得できるからです。この書類は、電子ビザでも到着ビザでもバーレーンにおける30日間の滞在を可能にします。唯一の例外はアイルランド人とイギリス市民で、彼らは3ヶ月間滞在する事ができます。例えそうだとしても、申請プロセスがほぼ無いも同然な事を考えれば30日間は十分以上でしょう。それほど簡単です。3つめのカテゴリーの渡航者は、電子ビザしか申請できない人々です。ビザを取得するための選択肢がオンライン申請しかない国々が33か国あります。もちろん大使館で手続きをする事もできますが、短期滞在のためにそこまでする価値はありません。これはカテゴリーの人々のための電子ビザでは14日間しか滞在できないからです。例えそうであってもの、休暇や、観光、または出張のためなら14日間は十分以上でしょう。最後のカテゴリーには上記の書類のいずれも取得できないその他すべての国の人々が含まれます。その多くはアフリカの人々ですが、アジアとヨーロッパにもそういった人々がわずかながら存在します。もしこのカテゴリーに属しているなら、唯一の選択肢はバーレーン大使館に行く事です。オンライン申請や到着ビザを取得する事はできません。つまり最寄りの領事館へ出向いて、そこでビザの申請をしなければなりません。大使館でのビザ申請は簡単な事ではありません。数点の書類が必要な上に、政府の書類を取り扱わなければならず、そして取得までにしばらく待たなければなりません。必要書類に関しては、インターネットである程度の下調べをする事ができますが、インターネットの情報は参考程度にしておくべきでしょう。大使館に直接問い合わせをして、申請に必要なものを調査する事をお勧めします。そうする事で、大使館に行ったはいいものの必要書類が足りなかったり、間違った書類を持ってきていたりするなどのトラブルを避ける事ができるでしょう。時間とお金を無駄にしないためには徹底的にやる事が重要です。恐らくご存じないと思いますが、バーレーンは近年、ビザに関する方針を刷新しています。同国政府は2014年から2016年まで毎年、変更を加えてきました。統計によれば申請者の数は著しく増加している事から、これはすべて改善のためだったようです。これが意味する事は、この新たな方針が上手く機能しており、さらに多くの人々がバーレーンに訪れるようになっているという事です。誰もが知っているように、ある国の経済にとって観光が重要な部分です。これこそすべての国がビザ申請のプロセスをできる限りシンプルにすべき理由です。もちろん、ほとんどの国々ではそういった事が既に実行されています。もちろんバーレーンへの渡航には、ビザ申請のプロセスと渡航者の分類について学ぶ事以上の事が必然的に伴います。新たな国を訪問する際には、常にやるべき事があります。必要書類によって入国ができても、滞在を楽しく実りあるものにするためには更に情報が必要です。現地の文化や、習慣、伝統、すべき事とすべきでない事、食習慣などきりがありませんが、知っておいて損はありません。とりわけバーレーン人はほぼイスラム教徒なので、彼らの生活様式を尊重する事は非常に重要です。ご承知の通り、バーレーンに入国する事はそれほど難しい事ではありません。ビザは国籍に応じて空港や、オンライン、または大使館で取得できます。いずれにせよ一番大事な事は、あなたには選択肢があり、バーレーンへの入国が制限されていない事です。いずれの申請方法を用いるにせよ、明快で迅速な申請プロセスを実行できるように、やるべき事を忘れないようにしましょう。さもなければ、一部の人々が経験したように、最終的に気を付ける事を学ぶまで同じプロセスを繰り返す事になるかもしれません。