今すぐアゼルバイジャンのビザ(e-Visa)を申請しましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: 電子ビザ

2017年1月、アゼルバイジャンは81か国の市民のため電子ビザを導入しました。このシステムはASANビザと呼ばれ、最大で30日間の滞在ができる1回入国ビザとして発効されます。この新たな電子ビザシステムは、アゼルバイジャンへの渡航を遥かに容易にしており、もはや大使館を訪問する必要はありません。現在、93か国の市民がASANビザシステムを通じて電子ビザを申請でき、たった3つのステップでアゼルバイジャンの電子ビザを取得できます。

このビザはアゼルバイジャンへの渡航と入国のための事前許可証です。これはパスポートに貼付されるステッカーではありません。当社がイーメールでこの書類を送信いたしますので、ご自分で印刷して国境検問所でパスポートと共に提示する必要があります。

申請に必要な書類
  • パスポートの個人情報ページのスキャン。
  • アゼルバイジャンでの連絡先
  • クレジット/デビットカードまたはPaypalアカウント。
重要な指示
  • アゼルバイジャンの電子ビザは発行後90日間以内に使用しなければなりません。
  • このアゼルバイジャンのビザは1回入国ビザで、滞在期間は最大で30日間です。
  • アゼルバイジャンへの入国で使用されたビザを所持して同国の領土から出国しなければなりません(同国の入国管理局によって同国での滞在期間が延長された場合や、一時的な居住権が与えられた場合には、その限りではありません)。
  • パスポートや他の渡航書類の有効期間は、アゼルバイジャンへの入国日から少なくとも6か月以上なければなりません。
  • この電子ビザはパスポートに貼付されているわけではないので、 国境検問所でパスポートと共に提示する必要があります。
  • この電子ビザは有効期間内に使用されなかった場合、無効となります。
  • 国際乗り継ぎエリアを出ない場合は、ビザを取得する必要はありません。
  • 電子ビザの申請は渡航の予定日よりも前に提出する必要があります。資格を有していても、アゼルバイジャンの国境検問所に到着した際にビザを取得する事はできません。
  • 渡航の目的が以下のものである場合に申請をする事ができます:観光、ビジネス、医療、人道支援、スポーツ、文化、教育、科学、出張、個人旅行、または教育。
  • 電子ビザの申請が拒否された場合には、外国人や国籍を持たない人々はアゼルバイジャンの関連する外交代表部で再度ビザを申請する事ができます。
  • 複数の国籍を持つ渡航者は、渡航のために使用される渡航書類に応じた国籍を選択しなければなりません。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

これはアゼルバイジャンへの出入国に関する承認を与える公式の書類で、パスポートに電子的に結び付けられています。

申請のためには以下のものが必要です:

  • 少なくとも6カ月有効期限のあるパスポート
  • パスポートの個人情報のページのスキャン
  • 支払いのためのクレジット/デビットカード、またはPaypalアカウント。

必要書類のための 完璧な写真の撮影方法: 動画ご覧ください

アゼルバイジャンの電子ビザの費用は25米ドルです。それ加えて標準的な処理に含まれる20米ドルのサービス手数料がかかります。処理を早くするには50米ドルがかかり、さらに早くするには70米ドルかかります。
選択した処理時間に依ります。次の3つの選択肢があります:
  1. 標準的処理:4営業日
  2. 迅速処理:2営業日
  3. 超迅速処理:1営業日
アゼルバイジャンの電子ビザは発行後90日間有効です。これは発行後90日以内にアゼルバイジャンに入国しなければならない事を意味しています。加えて、このビザは1回入国ビザで、滞在期間は最大で30日間です。
パスポートは電子ビザの発行日から少なくとも6カ月有効でなければなりません。例えば、電子ビザが1月1日に発効された場合、これは3月31日まで(90日間)有効です。パスポートは6月30日まで有効である必要があります。また、少なくとの1ページ以上の空白のページが必要です。
申請と手数料の支払いが済み次第、すぐに確認のイーメールが送信されます。 何も受信していない場合は迷惑メールフォルダーを確認してください。また、確認のためにオンラインチャットやイーメールで当社に連絡する事もできます。 電子ビザが承認され次第、当社がイーメールで通知いたします。
最大で30日間アゼルバイジャンに滞在できます。 10日間以上アゼルバイジャンに滞在する事を計画している場合には、同国への入国後に入国管理局に登録する必要がある事にご注意ください。滞在するホテルで相談すればその手伝いをしてもらう事ができます。
アゼルバイジャンの入国管理局に申請を行わなければなりません-iVisaは30日間以上に滞在を延長したり、そのためのビザを申請したりする事のお手伝いはできません。
いいえ。各電子ビザは1回入国ビザなので、もしアゼルバイジャンを出国した場合、再度入国するために新たな電子ビザを取得しなければなりません。
もしアゼルバイジャンの電子ビザの申請が拒否された場合は、アゼルバイジャン政府の関連する外交代表部(大使館/領事館)で再度申請する事ができます。
いいえ。国際乗り継ぎエリアを出ない場合は、ビザを取得する必要はありません。
複数の国籍を持つ渡航者は、渡航のために使用される渡航書類に応じて国籍を選択しなければなりません。
いいえ。パスポートと共に入国管理局に電子ビザを提示する必要があります。電子ビザを印刷する事ができますが、パスポートに貼付してはなりません。
その資格の有無を確認するためには、ページ上部にある当社のビザチェッカーを利用する事ができます。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

詳細については以下のリンクをクリックしてください: https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

アゼルバイジャンは信じられないほど過小評価されている国です。多くの人々はアゼルバイジャンでは経済が低迷し、楽しめるものが無いと思っていますが、これはこれ以上ないほど間違っています。ちょっと調べてみるだけでこの国についての考え方が完全に変わってしまうでしょう。首都バクーの紹介動画を見た瞬間に小さなドバイのようだという印象を間違いなく持つ事でしょう。バクーの近代的な建築物や、通り、イルミネーション、そしてその他のすべてが魅力を放っており、これこそが同国を実際に訪問して自分の目で確かめてみるべき理由なのです。同国を訪問するための必要書類に関して言えば、必要なものを入手する上でいくつかの方法がある事を知っておくべきでしょう。それに加えて、アゼルバイジャンのビザに関する方針は非常に寛大なので、ビザの取得に関しては心配する事はありません。当社はビザの取得のお手伝いができますが、実際には国籍によって異なる部分があります。残念なことに、現時点ではすべての人々がオンライン申請へアクセスできるわけではありませんが、将来的には間違いなく有資格国は増加していくでしょう。必要書類に以外にもアゼルバイジャンについて知っておくべきであると当社が考える事が他にもいくつかあります。そのうちの1つは到着についてです。第1に、アゼルバイジャンへは航空機で行くことができます。ヨーロッパから渡航する場合には、ほぼどこからでも渡航する事ができ、フランクフルト、ロンドン、パリ、ベルリン、そしてバルセロナからは直行便に乗ることができます。ルフトハンザドイツ航空もしくはAZALのいずれかを利用でき、後者はアゼルバイジャン航空としても知られています。一方でアメリカ合衆国からは、ニューヨークからアゼルバイジャン航空で渡航する事ができます。トルコ航空も航空便を提供していますが、イスタンブールでの乗り換えが必要となります。他にも利用できる航空会社がありますが、直行便はありません。これらの航空会社では、ご利用の便に応じてベルリンや、フランクフルト、モスクワ、パリ、もしくはカタールなどでの乗り継ぎが必要になります。また、アゼルバイジャンには電車で行くこともできます。しかしながら、電車はジョージアからしか乗る事はできません。ですから、このこれまた美しい国であるジョージアを訪問の際には、そこからアゼルバイジャンを直接訪問する事ができます。アゼルバイジャンを訪問する前に知っておくべきもう1つの事は、コミュニケーションの手段です。アゼルバイジャンはソビエト連邦から独立していますが、バクーや他の都市では依然としてロシア語が話されています。現在の公式言語はアゼルバイジャン語で、これはアゼルバイジャン-チュルク語でも呼ばれています。これはオスマントルコに関連しています。英語を使用する事ができますが、対象は若い世代に限られます。ご想像の通り、英語はホテルや他の施設で使用されていますが、住民が比較的高齢な遠隔地の村を訪問する場合には、英語が通じる見込みは低いでしょう。アゼルバイジャンを訪問する上で最良の時期は、訪問を望む場所によって異なります。アゼルバイジャンには地理的な多様性がある事を知っておくべきでしょう。同国は高い山から広い海まですべてを持っています。カスピ海。この低地は7月と8月は非常に暑いので、4月から6月の間に訪問する事が理想的です。けれども冬の時期は高い山にアクセスする事ができないので、山々を望むには時期が遅いほうが良いでしょう。バクーへの訪問だけを望んでいる場合には、10月に訪れるほうが良いでしょう。この時期は暑くもなく寒くもないので、楽しむにはもってこいの時期です。アゼルバイジャンの公式通貨は1992年以来、マナトが使用されています。2006年のインフレの後、同国政府は新しいマナトを導入しています。だとしても米ドルやユーロを持参して、現地の銀行や両替所で両替するのが最善です。また、ホテルやレストランでクレジットカードやデビットカードを使用する事もできますが、どのホテルやレストランも使用できるわけではありません。現金で支払いをする際には、釣銭を失わないように丁度の金額で支払う事をお勧めします。現金がない場合にはATMから引き出す事ができます。ほとんどの国際カードを使用する事ができます。しかしながら、すべてのATMがEC、シーラス、またはマエストロを受け付けているわけではありません。Visaでなら間違いはないでしょう。宿泊施設と安全性については心配ありません。あらゆるサービスの基準と衛生は近年、大きく改善してきました。マリオットやハイアットなどのプライベートホテルがあります。しかしながら、30ユーロ以下で宿泊施設を見つける事は期待できません。安全性に関して言えば、アゼルバイジャンにおける犯罪率は低いですが、いずれにせよ注意は怠らないほうが良いでしょう。特に夜間はそうです。宗教に関しても何も心配する事はありません。アゼルバイジャンの市民は多くはイスラム教徒ですが、生活への影響はほとんどありません。彼らは国家と宗教を厳密に分離しています。彼らはラマダンを除いて、多くのイスラム国家の様には宗教を実践してはいません。ラマダン以外では、彼らはキリスト教徒やユダヤ教徒と平和に共存しています。また、アゼルバイジャンの医療システムは非常に効率的です。観光客ですら治療は無料ですが、バクー以外では利用しないほうが良いでしょう。万一のために常に国際健康保険のコピーを携帯した方が良いでしょう。同時に、念のために水道水を飲む事も避けましょう。さてようやく皆様待望の話題、食べ物のセクションになりました。アゼルバイジャンは非常に豊富な文化を持っていますが、食事の事となれば、帰国するまでの2キロは太ってしまうかもしれません。この国の食文化はトルコや、ジョージア、イラン、そして中央アジアなどの影響を受けています。ご想像の通り非常に多様性に富んでおり、多くのスパイスや野菜は国産です。もちろん、食べ物は訪れる地域によって様々です。カスピ海の近くでは多くの魚料理を堪能できるでしょうし、他のすべての地域ではマトンを楽しむ事ができます。ラム肉とマトンがもっとも人気ですが、牛肉と鶏肉も使われています。いずれにせよ、食べ物は絶妙で、最高のケバブを体験できるでしょう。試してみる事をお忘れなく。加えて、すべての食事にはカルダモンやシナモン風味の美味しい紅茶が付いてくるでしょう。また、バクラヴァやハルヴァも非常に美味です。アゼルバイジャンは一般的な誤解にもかかわらず訪問する価値のある国です。だとしても昔から郷に入っては郷に従えと良く言われますが、これは訪問するつもりの土地の事を下調べしておいたほうが良いからです。ですからこの記事を読んでおきましょう。