今すぐオーストラリアのeVisitor(複数回入国)をゲットしましょう

 
   
 
 
 
     
 

詳細: eVisitor

eVisitorのシステムは2008年に導入され、オーストリアへの入国の承認を提供しています-eVisitorはパスポートに電子的に結びつけられています。オーストリア行きの飛行機に乗るために空港にチェックインする際に、チェックインスタッフがオーストリア行きの航空機に搭乗する権限を有する事を電子的に確認する事ができます。このオーストリアのeVisitorは50ヶ国以上の市民が利用する事ができます。 EVisitorは短期の観光やビジネス訪問のためのオーストリアへの渡航の権限を電子的に保存したものです。EVisitorは、パスポートに押されていたスタンプや貼付されていたラベルにとって代わるもので、これでオーストリア大使館を訪問しなければならなかったかつての要件が不要になっています。オーストラリアのETAを利用すれば、1 年 (到着後)の有効期間内なら何回でもオーストラリアに渡航する事できます。最長の滞在期間は90 (#)日(1回の入国あたり)までです。
申請に必要な書類
  • 現在の有効なパスポート
  • クレジットカード/デビットカードもしくはPayPalのアカウント
重要な指示
  • オーストラリアのeVisitorビザは最大で 90 (#)日(1回の入国あたり) 滞在できる 1 年 (到着後) 数次ビザです。

  • ビザの有効期限を超えて滞在する事は出来ますが、1回の入国あたり最大で90 (#)日(1回の入国あたり) までです。

  • eVisitorではオーストリアで就労する事は出来ません。ビジネス-観光活動だけが許可されています。

  • 名前が長かったり、複数あったりする場合は、最初の24文字しかビザ上には表記されません。

  • 二重国籍のの場合は、渡航の際に使用するパスポートの国籍を選択する必要があります。

  • eVisitorビザは電子的にパスポート番号と結びつけられています。パスポートにスタンプが押されたりラベルが貼付されたりすることはありません。

  • 何らかの理由で新しいパスポートを取得した場合は、新しいオーストリアのeVisitorを再度申請する必要があります。

  • eVisitorビザは表記されている失効日まで有効で、この日付はオーストリアに入国できる最後の日になります。

  • このオーストリアのeVisitorの失効日は 1 年 (到着後)、もしくは入館システム上に現在のビザが既に存在する場合は、パスポートの失効日のいずれか早い方になります。例えば、eVisitorが2018年6月に承認されていても、パスポートの失効期限が2019年2月だった場合、eVisitorはパスポートと同じタイミングで失効するという事です;そうでなければeVisitorは2019年6月に失効します。

お客様の声
利用者の方々は当社について素晴らしいストーリーをお持ちです

よくある質問

eビジタービザとは、オーストラリアへの渡航を望む欧州連合のパスポートの保持者が利用できる新しい観光ビザです。このビザはEUからの渡航者のオンラインのビザ申請プロセスを効率化するために設計されています。

重要 : 申請時にはオーストラリア国外にいなければなりません。電子ビザを受け取るまではいかなる渡航の手配をしない事をお勧めします。

オーストラリアのeビジターは無料です。しかしながら、iVisaは選択された処理時間に応じて変化するサービス手数料を頂いています。

  1. 標準的処理 - JPY 3,300.56: 24 時間

  2. 迅速処理 - JPY 5,500.93: 4 時間

  3. 超迅速処理- JPY 9,901.67: 1 時間

選択した処理時間に応じて異なります。当社では以下の3つのオプションを提供しています:

1.標準処理: 24 時間

2.迅速処理: 4 時間

3.超迅速処理: 1 時間

オーストラリアのeVisitorの有効期間は公布された日から開始されます。EVisitorは数次ビザなので、1 年 (到着後) まで有効です。これは1 年 (到着後) の間なら何回でもオーストリアに入国でき、90 (#)日(1回の入国あたり) まで滞在できるという事です。

全ての申請者が満たさなければならない条件が合計で4つあります:

1.ビジネス訪問活動: これはオーストラリアでの滞在中にビジネス訪問活動以外の如何なる就労にも関わる事はできないという事です。

2.最大で3ケ月の就学: オーストラリア滞在中は、学習や訓練に関するあらゆる活動に3ケ月以上従事してはなりません。

3.結核に感染していない事: オーストラリアへの到着時および入国の際に結核に感染していてはなりません。

4.犯罪歴がない事: オーストラリアへの到着および入国の際に合計で12か月以上の刑事の有罪判決(服役の有無にかかわらず)を受けていてはなりません。

以下に列挙されている国がオーストリアのeVisitorを申請できます:オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、モナコ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、サンマリノ共和国、スロバキア共和国、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス市民、バチカン市国。
許されている最大の滞在日数は 90 (#)日(1回の入国あたり) で、eVisitorビザ自体は最大で 1 年 (到着後) 有効です。
オーストラリアに入国する上でパスポートの有効期間に関する要件はありません。航空機に搭乗する際とオーストラリアに入国する際に有効なパスポートと有効なビザが必要です。
eVisitorを延長する事によって更に長くオーストラリアに滞在する事は出来ません。更に長い滞在を望む場合には新しいビザを申請する必要があります。
eVisitorによって観光とビジネスを目的とした渡航をする事ができます。観光客として渡航する場合は、このビザによってクルーズをしたり、家族や友人に会いに行ったりできます。渡航の目的がビジネス関連である場合、このビザによって、関係組織が旅費を支払っていない限りにおいて、一般的なビジネスや、雇用の問い合わせ、調査、交渉、ビジネス契約の締結や検討、公的な政府の訪問の一部としての活動、カンファレンスや、見本市、セミナーなどへの出席をする事ができます。
このビザを使えば最大で連続3ケ月まで就学する事ができます。ですが、オーストリアへの渡航の主な理由が就学である場合、就学ビザのほうが適切かもしれません。

般的に、eVisitorビザではオーストリア国内で働く事は出来ません。

ですが、以下の条件を満たせばボランティアとして働く事ができる可能性があります:

  • オーストリアへの主な渡航目的が観光で、ボランティア活動が観光に付随したものである場合。
  • その作業が実際にボランティアで、食事や宿泊施設以外に対価が支払われていない場合。
  • その作業がオーストリア在住者の賃金のための見返りとしてなされていない場合。
犯罪歴を有する場合、ビザを申請するには最寄りのオーストリア大使館に問い合わせる必要があります。

黄熱病に罹患するリスクのある国から渡航する際には黄熱病の予防接種が求められます。

以下のリンクから詳細をご確認ください:

https://www.who.int/ith/ITH_Annex_I.pdf

オーストリアは世界で6番目に大きな国ですが、高度に都市化しているのは南部と南東部だけです。良くある誤解とは違って、それほど暑いわけではありません。熱帯気候なのは北部だけです。南部と南東部は亜熱帯と温帯になっています。オーストリアの自然こそがこの国を有名にしている要素で、それを目的に渡航するならガッカリする事はないはずです。その上、インターネットで言われているほど何もかもが大変なわけではありません。

まずは、オーストリアのもっと楽しい側面を話せるようにビザ方針の事を話しておきましょう。知っておくべき事は、殆どの国の国民がビザを申請するには最寄りのオーストリア大使館にい行ってビザ料金を支払う必要があるという事です。ですが、もっと簡単な手続きで済む国もいくつかありあす。オーストリアのビザ方針は過去数年間で多少の変更がありました。その変更によってeVisitorと電子渡航認証が登場しました。iVisaのビザチェッカーを利用すればどちらかに申請する資格があるかどうかを調べる事ができます。

いくつかの国の国民はeVisitorとETAの両方の資格を持っている事にご注意ください。もしあなたがそういった国の国民である場合、どちらを選択するかはあなた次第です。ETAの方が安価で、処理時間も短時間ですが、それでも選択はあなた次第です。どちらの書類でも、1回の入国あたり最大で3ケ月まで滞在できますし、1年間の有効期間の間なら何回でも入国できます。

同時に、野菜と動物由来の製品に関しては、オーストリアには厳格な検疫の要件がある事も憶えておきましょう。これは、オーストリアには綺麗な生物圏があり、オーストリアがそれを保存したいと考えているからです。そういった製品を持ち込まずに渡航するのが最善です。持ち込もうとすれば検疫で問題が発生するでしょう。

オーストリアへの入国は飛行機もしくは船舶でなされますが、国内での行き来は遥かに容易です。鉄道や、バス、レンタカーなどの全てを利用してオーストリア国内を楽しむ事ができます。南部と南東部の都市圏を離れる場合は、他の都市まで数時間かかるので、それにあわせて準備していきましょう。観光情報局が基本的な最新情報を教えてくれます。

オーストリアで楽しめる事に関しては非常にたくさんあるので、恐らくその全てを実行する事は出来ないでしょう。ですが、まずは野生動物から始めてみる事をお勧めします。全ての主な都市に動物園がありますが、観光客は一般的に野生動物を見たがります。都市部では野生動物を見る事は出来ませんが、郊外ではいつも何かを見る事ができるでしょう。

ご想像の通り、カンガルーやコアラを見る事ができます。ウォンバットやワラビーもいます。エミューやカモノハシもいます。それだけではありません。ですが、こういった動物たちと触れ合いたいと思うかもしれせんが、手を出さない事をお勧めします。コアラは可愛いですが、縄張り意識が強いので怒らせてしまうと危険です。カンガルーは言わずもがなです。カンガルーは怒らせれば人間でも殺す事ができる強力な生き物です。安全な距離から見ていれば何も危険な事はないでしょう。

オーストリアでは野生動物以外でも、多くの観光地を楽しむ事ができます。ご想像の通り、シドニーのオペラハウスは象徴的なので、見逃す手はありません。シドニーではハーバーブリッジも見逃せません。レッドセンターのウルルもです。

「見る」部分はこれくらいにして、オーストリアでできる冒険や探検の話もしておきましょう。数ある砂浜の1つでサーフィンができます。スイミングも非常に魅力的な活動で、特に景色は美しく、水の温度も完璧なので、スイミングには最適です。もちろんシュノーケリングやダイビングもできます。結局、オーストリアにはグレートバリアリーフがあるのですから。全てのウォータースポーツを楽しむ事ができます。

水から飛び出したいなら、登山をしたり、自転車に乗ったり、スカイダイビングをしたり、熱気球にのったり、ハイキングに行ったりできます。こういった活動はオーストリアでは非常に人気があります。この国にはいくつもの国立公園と熱帯雨林があるので、その中から選択する事ができます。ただ1人では行かないようにしましょう。オーストリアの熱帯雨林には、熟練のハイカーや観光ガイドしか知らない秘密があります。

食べ物と飲み物に関しては、オーストリアは世界でも有数の国なので、実際に行ってみてご自分で体験してみてください。多くの料理を食べる事ができますが、現地の料理を試してみてもいいでしょう。潔癖症でないならカンガルーの肉を試してみましょう。カンガルーの肉はスーパーマーケットやお肉屋さんで買うこともできます。ワニの肉も試してみる価値があります。そして大きな鶏肉を試したければ、エミュー料理をたべてみましょう。

オーストリアでお酒が飲めるのは18歳以上なので、その年齢に達していなければ違法になります。水道水は常に安全なわけではありませんが、大抵は飲めるかどうかを示す表示がされています。

安全性に関しては、憶えておくべき事がいくつかあります。ですが、これは心配する事ではありません。オーストリアの犯罪率は他の先進国に比べれば低くなっています。気にかけるべきはその自然です。ヘビやクモなどの毒を持つ生物に注意しましょう。水に入るときはクラゲがいない場所で泳ぐようにしましょう。オーストリアには危険な植物もあります。熱帯雨林にハイキングに行くつもりなら、ギンピの茂みの事を憶えておきましょう。この木が針の木と呼ばれているのには理由があります。この木には小さなトゲがあり、触れると何週間も痛い思いをする事になります。Googleで検索して、画像を印刷しておきましょう。この木に近づいてはいけません。

とは言え、気を付けていればオーストリアの旅はこれ以上ないほど楽しいものになるはずです。そして、最も重要なアドバイスは常に日焼け止めを塗っておいたほうがいいという事です。外出する際は必ず日焼け止めを塗るようにしましょう。オーストリアの太陽は熱いので、上で述べたような有毒の生物よりも日焼けの犠牲者の方が多いです。

言わずもがなですが、オーストリアへの旅は非常に楽しいものになるでしょう。この国では観光から楽しい活動まで様々な事を堪能できるでしょう。設備も充実しているので、子供たちと訪問しても素晴らしい休暇を過ごせるはずです。食べ物は素晴らしく、人々はフレンドリーで、非常に温和です。そして間違いなく多くの友人を作る事ができるでしょう。忘れられない思い出もたくさん作れます。砂浜や、山々、そして野生動物たちが素晴らしい休暇にしてくれるはずです。